脳梗塞の症状をリハビリのプロ理学療法士が徹底的に語る

脳梗塞の症状とリハビリ

スポンサードリンク



理学療法士 イワモト
こんにちわ。

mamotteライターで理学療法士のイワモトです。

脳梗塞は、脳血管障害の中で最も発症率の高い病気です。

この病気の症状には、運動麻痺をはじめ、言語、認知面の障害など様々なものがあります。

脳梗塞の症状を知ることで、脳梗塞の早期発見や重症化を防ぐことができる場合があります。

そこで、今回の記事では、【脳梗塞の主な症状】を中心に解説します。

その中で、脳梗塞の前兆、治療の効果などについてもわかりやすく説明したいと思います。

この記事を読んで、

◎ 脳梗塞の症状の理解を深めて、脳梗塞の症状軽減・予防に繋げられたら良いなと思います。

最後まで読んで、参考にしてほしいです。

では、本日もよろしくお願いいたします。


理学療法士 平林
※この記事はリハビリテーションの専門家で、理学療法士である運営者平林と、理学療法士イワモトの思考と考えを交えて紹介しています。

私達は国家資格を取得しており、実際の現場で学んできています。

ですので、信憑性や信頼性は間違いありません。

共感する部分は、共感して頂き、納得できる内容は納得して欲しいと思います。

で、一番伝えたい事は、【この記事の内容が絶対正しい!!】とは思わないでください。

という事です。

記事の内容は自信を持って提供していますが、医療の世界は個人的な意見や見解もあるので、解釈は人それぞれです。

ですので、一つの理学療法士の考えである。と捉えて欲しいです。

この記事があなたの役に立てばうれしいです。

では、宜しくお願いいたします。

mamotteライターの紹介


1 脳梗塞の症状を紹介する

脳梗塞の症状は多様で、同じ診断名であっても、すべての人で症状が異なります。

これから各症状についてご紹介しますが、これらの症状が、すべて必ず起きるというわけではありません。

参考例の一つとして捉えて欲しいと思います。

1-1 片麻痺(かたまひ)

脳梗塞の症状として代表的なものです。

程度の差はあっても、多くの場合この症状が発症します。

半身不随(はんしんふずい)という名称の方が知られているかもしれませんね。

一般的には、左右のいずれか半分が麻痺することとされています。

例えば右側の手足が思い通りに動かせなくなることや、感覚が鈍くなるなどの症状です。

脳の左右どちら側で病気(梗塞)が起こったのかによって、麻痺の左右が決まることが多いです。

しかし、詳しく言うと、片方の手足が麻痺するだけではありません。

手足の麻痺は、片側だけに目立ちますが、体幹(腰、腹部、背中、胸など)については、両側障害されることも少なくありません。

また、麻痺の程度はまばらで、ほとんど正常に近い場合もあれば、全く動かせない場合もあります。

そして、麻痺が重度の場合、歩けなかったり、寝返りが難しくなったりするなどの起きる、歩く、立つなどの日常生活動作に支障が生じることがあります。

是非、覚えてほしいことがらです。

1-2 高次脳機能障害(こうじのうきのうしょうがい)

人の脳の機能には、生命を維持するための基本的なもの以外に、高度なものが備わっています。

例えば、言葉を話す、道具を使う、計算をする、計画を立てて実行する、理性を持った行動をするなどです。

このような脳の機能は高次脳機能と言って、脳梗塞などの病気によって脳が障害されたものを言います。

障害の分類として、失語・失行・失認などが挙げられます。

近年の具体的な診断基準では、「記憶障害」「注意障害」「遂行機能障害」「社会的行動障害」などの認知障害が重視されているようです。

〇記憶障害(きおくしょうがい)

  • 最近の出来事を覚えることができない
  • 何度も同じことを言う

〇注意障害(ちゅういしょうがい)

  • 注意が散漫で、ミスが多い
  • 作業などが連続して続けられない

〇遂行機能障害(すいこうきのうしょうがい)

  • 計画を立てて実行することができない
  • 自分の意志で行動できない

〇社会的行動障害(しゃかいてきこうどうしょうがい)

  • 行動が自己中心的になる
  • 暴言や暴力をふるう

といったものがあります。

参考にしてください。

1-3 失調(しっちょう)

失調とは、ある機能の調節がうまくいかない状態を表した言葉です。

脳梗塞の失調症状には、主に運動失調があります。

運動失調とは、スムーズに運動を行うことができなくなる状態です。

例えば、字を書くのが難しくなったり、歩行がフラフラするようになったりなどの症状が現れます。

1-4 目の障害

目の障害として起こりやすいのは、視野の障害です。

両眼とも同じ側が見えなくなる「同名半盲(どうめいはんもう)」がその例です。

手足では左右どちらかが麻痺しますが、目の場合、左右とも障害を生じる事があります。

というのも、それぞれ片側の脳が、左右の目を神経支配しているからです。

1-5 意識障害(いしきしょうがい)

脳の障害が大きくなると、意識障害を生じることがあります。

少しぼんやりとした状態から、痛み刺激を与えても開眼しない状態まで、様々です。

1-6 その他

頭痛やめまい、嘔吐などの症状が出現することもあります。

以上、参考にしてください。

2 そもそも脳梗塞ってなんなの?

で、そもそも脳梗塞ってなんなのでしょうか?

という事で、脳梗塞とは、脳の血管が何らかの原因で詰まってしまう病気です。

血管が詰まることで、血流が遮断されるため、脳の細胞への酸素や栄養の供給が断たれます。

短時間で血流が回復すれば細胞は回復しますが、長時間の場合では細胞が死滅し、片麻痺など脳梗塞の症状を発症します。

その中で、脳梗塞は大きく3つに分類されます。

以下に述べていきますね。

①ラクナ梗塞

直径が1㎜もないような細い動脈が、動脈硬化の末に詰まってしまう病気です。

小さな梗塞のため、目立った症状を感じない場合もあります。

②アテローム血栓性脳梗塞

動脈の内壁にプラーク(コレステロールの沈着などによる)を生じ、血管が狭くなることで起こります。

動脈硬化も原因となります。

③心原性脳塞栓症

心臓の病気(不整脈、心筋梗塞など)で心臓の中に血栓ができることがあります。

この血栓が血流にのって、脳の動脈を塞いでしまうことで脳梗塞を生じます。

血栓が大きいため、大きな血管が梗塞を起こすことが多くなります(症状が重症化しやすい)。

④その他

骨折などで遊離した脂肪組織が、脳の血管を詰まらせることがあります。

そのほか、潜水病(急激な減圧によって生じる)では、血液中に気泡を生じ、これによって塞栓を起こす事も稀にあります


以上、参考にしてください。

3 脳梗塞の前兆ってあるのか?で、どうやったらわかるの?

脳梗塞では、病気の前兆を感じることがあるし、

逆に、脳梗塞では前兆なしに、突然発症することも多いです。

なので、前兆に頼らず、日ごろから体調管理(血圧管理など)をしておくことが何よりも大切です。

それを踏まえたうえで、以下に前兆や危険性を紹介しておきます。

これより、紹介するものがあてはまる事が多ければ多い程、脳梗塞の可能性は高くなりやすいでしょう。

なので、生活習慣の見直しも検討する必要があるかもしれません。

【メタボリックシンドローム】

脳梗塞の危険因子となります。

特に高血圧は大きなリスク要因となりますので、コントロールが必須です。

【不整脈、その他の心疾患】

脳梗塞のリスクが高くなります。

心臓疾患は、血液の流れに大きく影響するので、注意を向ける項目です。

痩せたり、心臓に負担をかけない生活スタイルにするなどして、心臓に負担をかけすぎないようにしましょう。

上記は、脳梗塞の症状としての前兆ではありませんが、脳梗塞を起こす危険が高くなります。

なので、あてはまる場合には、対策を行う必要があると思います。

では、次に症状としての前兆を紹介していきます。

このような症状は、脳梗塞のサインであることがあるので注意してみてください。

脳梗塞の前兆

  • 片方の手足の力が入りにくい、しびれる
  • ろれつがまわらない
  • まっすぐ歩けない
  • ものが二重に見える
  • 顔の片側が下がる

これらの症状がある場合は、すぐにでも受信しましょう。

4 症状が短時間で消えることがあるって本当?

脳梗塞の症状が生じて、そのまま症状が悪化していく場合もありますが、短時間(数分から数時間)で症状が消失する場合もあります。

血管の詰まりが短時間で解消し、血流が回復した時は、短時間で症状が消失する場合があるのです。

これを、一過性脳虚血発作(TIA)と呼ばれます。

いわゆる脳梗塞の前兆と言えるべき状態です。

一度でも、似たような感覚がを経験した事があれば、早急に脳神経外科などを受診し、治療を開始するのがいいでしょう。

また、症状が数分で治まった場合であっても、次には大きな梗塞に襲われるかもしれません。

「様子を見ずに、すぐ病院へ」が原則です。

病院に受診する考えも必要になるでしょう。

5 脳梗塞が疑われたときはどうすればよいのか、考えてみた

脳梗塞の症状について、本人が気づく場合と家族などの第三者が気づく場合があります。

①本人が気づいた場合

近くに助けてくれる人がいる場合は、助けを求めてください。

症状が軽くても、自分で車を運転して病院へなどとは考えないでください。

途中で重症化する場合があるので、自分一人で行動しないことが原則です。

自分しかいない場合は、すぐに電話で救急車を呼びましょう。

②家族などが気づいた場合

異常に気付いた場合、軽症であっても受診を促してください。

病院が近くにあっても、自家用車で病院へ連れて行くのは避け、救急車を呼びましょう。

応急の処置や対応できる病院を探してもらえるので。

6 治療すれば症状はすべてよくなるのか?そこんところどうなの?

脳梗塞の症状および回復は、発症した際の状態(どの血管が詰まったかなど)と初期の治療(治療開始時間など)で決まることが多いです。

その人の身体状況によっては、すべての治療法が使えない場合もありますが、適切な治療が早期に行われた場合、大きな治療効果を得ることができます。

例えば、詰まった血栓を溶かす薬物を早期に使えば、脳の血流は再開し、ほとんど症状が回復してしまう例もあります。

一方で、治療の開始が遅かった場合などでは、すでに脳細胞が死滅してしまっているため、その後の治療を行っても症状が回復しないということもあります。

全体として、症状がすべてよくなることは少ないと言えますが、発症後、できるだけ早く治療を開始することで予後は良くなるといえるでしょう。

つまり、脳梗塞の治療は、スピードが大事である。

ってことです。

是非、覚えておいてください。

また、もちろん、治療をしても全ての人が良くなるわけではありません。

そこに関しては、治療をやってみないとわからない。って感じです。

なので、実際には治らない場合もある。症状が悪くならないように努める。

といった場合も混沌としてあるのです。

7 日ごろからの意識って意外と大切だよ。と思う。

理学療法士 イワモト
※ 理学療法士 イワモトの意見・考え ※

親兄弟が、心筋梗塞、脳梗塞の既往を持っていると、次は私の番かなと思ってしまいます。

年齢的にも、もうそろそろだろうか・・・・と・・・

脳梗塞の経験のある方は、その症状を知っているので、再発にすぐ気づく場合もあります。

実際に、担当した患者様で、手に持っていたものを落としたので、異常と判断して、自分で来院したという方がいらっしゃいました。

この方の場合、すぐに治療を開始したことが幸いして、再発による症状の悪化はありませんでした。

自分一人で来院したことにはリスクがありますが、早く気づいて治療を開始できたことには、大きな意味があります。

経験がない方の場合、脳梗塞の前兆と気づかず、すぐに受診にたどり着かない場合もあって、後で後悔することもあるでしょう。

そうならないためにも、日ごろから脳梗塞の症状には注意を払っていただければと思います。

8 まとめ  

今回は、脳梗塞の症状についてお伝えしました。

脳梗塞を起こすと、片麻痺や高次脳機能障害、意識障害など、多様な症状が出現することがあります。

重症度についても、ほぼ正常に近い状態から歩行が難しくなる状態まで様々です。

脳梗塞の症状として、手足の力が入らないとか、ろれつがまわらないなどが出現することがあります。

これらは、短時間で回復することがありますが、脳梗塞の重要なサインです。

脳梗塞の治療はスピードが重要です。

これらのサインを見逃さず、できるだけ早い対策を行うようにしていただければと思います。

執筆:mamotteライター理学療法士 イワモト

追記・編集:運営者 理学療法士 平林


理学療法士 平林
※ 編集を終えて・最後に ※

脳梗塞の症状はそれぞれ違います。

軽い症状から重い症状まで様々です。

なりたくないけど、なってしまう物と考えてもいいでしょう。

どれほど気を遣っていたとしても、脳梗塞になってしまう人はいるのが現実だと思います。(残念ながら・・)

なので、わからんのですね。

脳梗塞を予防できるのかなんてね。

でも、予防の意識をするのと、しないのでは雲泥の差があるので。

効果はぶっちゃけわかりませんが、脳梗塞の予防に有効だと問われている方法を実戦していくしかないのです。

このように、できる事をやる。

というスタンスが必要かなと個人的には思う訳です。

まとまりのないお話になりましたが、この記事が参考になれば嬉しいです。

では、本日も最後までありがとうございました。

The following two tabs change content below.
mamotte
mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク



脳梗塞の症状とリハビリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mamotte

mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。