もしかしたら糖尿病かも!?生活習慣をチェックして改善しよう。

糖尿病かもしれない。チェックしよう

スポンサードリンク



※この記事はリハビリテーションの専門家である、理学療法士2名の思考と考えを交えて紹介しています。

内容は絶対ではありませんが、国家資格を取得しており。

学んできた経験があります。

ですので、信憑性や信頼性は間違いない部分もあります。

しかし、個人的な意見や見解もあるので、解釈は人それぞれです。

共感する部分は、共感して頂き、納得できる内容は納得して頂けたら嬉しいです。

ですので、この記事の内容が絶対正しい。

とは思わずに、リハビリテーションの専門家の意見や見解である。

というように捉えてほしいと思います。

この記事があなたの参考になれば嬉しいです。

是非、宜しくお願いいたします。

mamotteライターの紹介


理学療法士 イワモト

皆様こんにちは。

mamotteライター、理学療法士のイワモトです。

健康診断の血液検査で血糖値が高かったりすると、「もしかして糖尿病!?」と心配になる方もいらっしゃるでしょう。

自分でできる「糖尿病チェック」と糖尿病の予防法について調べてみました。

理学療法士 平林

こんにちは。

運営者で理学療法士の平林です。

今回は、糖尿病について話していきたいと思います。

糖尿病は現代病とも言われており、若い方から高齢者まで。

どんな方もなってしまう可能性がある症状になってきています。

糖尿病について、あなたはどのようなイメージをもっていますか?

  • 太っている人がなる
  • 炭水化物を沢山食べる人がなる
  • とにかく、食べ過ぎる人がなる

など、

印象はそれぞれあるでしょう。

実際には、血糖値が一番影響しており。

太っている人だけがなるものでもなく、痩せている人も糖尿病になってしまう人も沢山いるのです。

で、糖尿病になってしまうのも、食・運動などの生活習慣が大きくかかわっています。

あなたも今の生活習慣を続けていると、もしかしたら、糖尿病になってしまうかもしれません。

または、悪化してしまうかもしれないのです。

そこで、今回は、糖尿病をチェックしよう。

というテーマで話していきます。

  1. 糖尿病の可能性チェック項目を紹介
  2. 糖尿病かもしれない・・・生活習慣を改めよう
  3. 生活習慣病と糖尿病は紙一重。どちらも気を付けるべき
  4. 実は、隠れ糖尿病というのがある。なにそれ・・・
  5. 飽食が糖尿病の発症を多くしているという説

といった、5つの観点を含んで紹介します。

この内容を理解できれば、糖尿病の悪化防止につなげる事ができるでしょう。

是非、最後までよんで欲しいと思います。

1.糖尿病の可能性チェック項目を紹介

ここでは、糖尿病のチェック項目を紹介したいと思います。

参考として、ご覧ください。

糖尿病セルフチェック

糖尿病になるリスク度チェック

当てはまる項目の多い方は注意しましょう

□ 太っている(BMI25以上目安)
□ 家族に糖尿病の者がいる
□ 運動不足である
□ 食べすぎることが多い(お腹いっぱい食べる)
□ 飲むアルコールの量が多い(日本酒1日1合以上)
□ インスタント食品やファストフードをよく食べる(食事のバランスが悪い)
□ 糖質を多く摂っている(お菓子、ジュース、その他炭水化物食品)
□ 早食いである
□ 喫煙している

糖尿病の症状チェック

1つでも当てはまれば受診をおすすめします

□ いつも喉が渇く、水を多量に飲む
□ 尿の量が多い。尿の回数が多い
□ 以前より疲れやすくなった、だるい感じがする
□ 手足がしびれる
□ 最近見えにくくなった(目がかすむ、視力が落ちた)
□ 食べているのに、体重が減ってきている

※ BMI(体格指数:Body Mass Index) =体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

標準体重 18.5以上25.0未満

どうでしょうか?

これが絶対的に正しい。

というわけではありませんが、ある程度的を得ているでしょう。

大まかではありますが、参考にしてほしいと思います。

2 糖尿病かもしれない・・・生活習慣を改めよう

糖尿病(2型糖尿病)は、食生活や運動などの生活習慣との関連があると言われています。

なので、

言い換えると、自分自身の食・運動などの生活習慣の悪さによって、糖尿病になってしまったよ。という事です。

なので、

生活習慣の改善次第では、糖尿病も緩和できると言えるでしょう。

糖尿病になるリスクの高い方は早めに生活習慣の改善をすると、糖尿病発症のリスクを下げることができます。

それでは、生活習慣の改善ポイントをご紹介します。

※糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病というのがあり。

1型糖尿病は、膵臓の機能障害で生じる。と言われています。

糖尿病予防のための生活習慣改善ポイント

食事

  • バランスの取れた食事

(炭水化物、タンパク質、脂質、ミネラル、ビタミン等

バランスよく、多くの食材を使って)

  • 適正なエネルギー量(毎食)
  • 欠食をしない(規則的に3回以上)
  • 寝る直前に食べない
  • まとめて食べない(毎回の食事を適正量にする)
  • 時間をかけて食べる(早食いをしない)

運動

  • 20分以上の運動を週に3回以上行う(週に150分目標)

有酸素運動と筋トレを組み合わせる

有酸素運動は、ウォーキングや家庭用のエアロバイクなど、

負荷が低めで、20分以上できるものがおすすめです。

運動の時間が取れない方は

  • 自転車で出かけるところを徒歩にする
  • エレベーター等を使わずに階段を使う
  • ウィンドウショッピングをする
  • 部屋の大掃除をする
  • 家事の動作の中に筋トレを採り入れる

(洗濯物かごの洗濯物を取り出すときにスクワットをする。

時々つま先歩きをするなど)

工夫して時間を有効に使いましょう。

特に「運動=スポーツ」にこだわる必要はありません。

NEAT(NonExercise Activity Thermogenesis:ニート)を

有効に活用しましょう。

その他

  • お酒は1日日本酒一合程度以下にして休肝日を設ける
  • 喫煙を控える
  • できるだけストレスを解消する
  • 規則正しい生活をする(睡眠時間の確保)
  • 定期的な健康診断を受ける
  • セルフチェックを行う

如何でしょうか?

参考にしてほしいと思います。

3 生活習慣病と糖尿病は紙一重。どちらも気を付けるべき

ここでは、

生活習慣病と糖尿病の違いについて話したいと思います。

生活習慣病と糖尿病は、似ている部分があり、比例していく傾向にあります。

生活習慣が良くなれば、糖尿病も良くなる可能性が高いですし。

糖尿病が軽減されれば、生活習慣病も軽くなる可能性が高いのです。

このような関係から、

両方ともに意識して改善を目指す事が、生活習慣病や糖尿病も両方の改善につなげることができる。

と言えます。

では、以下に紹介していきますね。

【生活習慣病とは】

生活習慣病とは、食事の習慣、運動の習慣、喫煙・飲酒の習慣等の生活習慣が原因となって(関与して)引き起こされる病気のことをいいます。

生活習慣病

食生活に関係するもの

  • 2型糖尿病(インスリン非依存型)
  • 肥満
  • 高脂血症(家族性除く)
  • 高尿酸血症
  • 循環器疾患(先天性除く)
  • 大腸がん(家族性除く)
  • 歯周病
  • その他

運動に関係するもの

  • 2型糖尿病(インスリン非依存型)
  • 肥満
  • 高脂血症(家族性除く)
  • 高血圧症
  • その他

喫煙に関係するもの

  • 肺扁平上皮がん
  • 循環器疾患(先天性除く)
  • 慢性気管支炎
  • 肺気腫
  • 歯周病
  • その他

飲酒に関係するもの

  • アルコール性肝疾患
  • その他

 

参考: http://www.smartlife.go.jp/disease/

糖尿病のすべてが生活習慣病ではありません。

生活習慣と関係のない、膵臓の機能障害で生じる1型糖尿病などもあります。

しかし、

日本では1型は少なく、圧倒的に2型が多いため、糖尿病は生活習慣病と言われることが多いようです。

【糖尿病とは】

糖尿病とは、インスリン(膵臓から分泌されるホルモン)がうまく働かない事によって、血液中の糖の量(血糖値)をコントロールすることができず、血糖値が上がってしまう病気です。

膵臓の機能低下によるインスリン分泌不足が原因となる「1型糖尿病」とインスリンは分泌されているものの、その効果が低下した(インスリン抵抗性の増大)「2型糖尿病」の2つのタイプがあります。

高血糖の状態が続くと、網膜症、腎症、神経障害、壊疽、脳血管疾患などの原因となります。

※膵臓がインスリンというホルモンを分泌しており、このインスリンが血糖を分解する力を担っています。

糖尿病は、この膵臓のインスリンが働かなくなってしまう事で、血糖コントロールができなくなってしまった状態の事をいいます。

4 実は、隠れ糖尿病というのがある。なにそれ・・・

で、実は、隠れ糖尿病というものがあります。

あなたは、血液検査で血糖値を測定したことがありますか?

で、どのような数値であるのかを覚えていますか?

通常、血液検査は空腹時に行う事が多いです。

ここがポイントであって。

健康な人でも、食後は血糖値が上がってしまうので、一般的な健康診断の血液検査では、空腹時の血糖値を測ります。

空腹時の血糖値は正常範囲に収まっていても、食後1時間程度の間に急速に血糖値が病的なレベルまで上昇してしまう人がいるのです。

なので、

空腹時の血液検査では正常なため、見逃されてしまう。

というのが、「隠れ糖尿病」と呼んでいます。

これは、

空腹時血糖値だけでなく、ブドウ糖負荷試験を行うとわかります。

空腹時の血糖値が高い人は糖尿病が進行した状態です。

空腹時の血糖値が、正常値に収まっているから大丈夫であると判断するのは、ちょっと危険かもしれません。

「隠れ糖尿病」の可能性もありますから、食後の血糖値の上昇についても注意しておく必要があるでしょう。

自宅でも簡単に検査ができる「尿試験紙」が薬局やドラックストアで販売されています(例50枚1,200円程度)ので、利用するのも良いでしょう。

どちらにせよ、空腹時血糖が正常だからとはいえ、隠れ糖尿病という可能性もある。

という事を頭に入れて置いてほしいと思います。

5 飽食が糖尿病の発症を多くしているという説

飽食を「食べ物に不自由がないこと」とすれば、現代は食べ物にあふれています。

飽食が糖尿病の発症を多くしているという説は当然の様にも聞こえますが、実はそうでもない。という説もあります。

糖尿病の人は栄養失調状態にあるという考え方があるのです。

栄養失調というのは食べ物のあるなしとは関係なく起こり得ます。

むしろ、

食べ物の選択肢が多くなりすぎたため、手軽な、自分の好きな物だけを選んで食べられる現代がバランスの悪さを引き起こしている可能性もあります。

実際に、総務省の行ったある年の家計調査の結果を見ると、ある都道府県では食料費が国内で最も高く、外食費も多いのですが、厚生労働省の調査結果では糖尿病の発症率は低いという結果になっています。

つまり、

好きな食べ物や偏った食べ物ばかりを食べすぎてしまう事によって、バランスが崩れてしまい、糖尿病になってしまった。

という場合もあるのです。

よって、「飽食=糖尿病」ではなくて。

飽食を上手に利用すればバランスの取れた良い食事となり、間違った利用の仕方をすれば生活習慣病の原因となるということです。

という事で、ありふれた食事の選択の中で、どれほど食事のコントロールができるのか?

という心が重要だと思うのです。

理学療法士 イワモト

理学療法士 イワモトの意見・考え ※

血糖値を下げればよいのだから、糖質を摂らなければよいのでは?

確かに、糖質(炭水化物)を減らせば血糖値は下がるようです。

また、炭水化物が過多(60%以上)で、心疾患での死亡率が上昇するなどと言う論文などもあります

(Associations of fats and carbohydrate intake with cardiovascular diseaseand mortality in 18 countries from five continents (PURE):a prospective cohort study)。

やはり炭水化物中心の食生活は良くないようですね。

しかし、

生きていく上でエネルギー源としての糖質は必要ですので、ただ減らせばよいというわけにもいきません。

全エネルギーの50~60%程度は炭水化物からとっても良いのではないかと考えます。

日本ではまだ一般的にはなっていませんが、糖尿病に対する手術療法というものがあります。

胃や腸をバイパスするなどの方法が血糖値を下げるのに効果があるようです。

特に腸をバイパスする手術(胆膵路バイパス+十二指腸変換術)の効果が高いようです。

(日本では保険適用ではありません)。うまくいけば薬の必要もなくなるわけです。

しかし、

手術はリスクもありますし簡単に受けられるものでもありません。

そこで考案されたのが、プラスチック製の筒状の物を十二指腸に挿入して、食物が腸壁に接しないようにする方法です(これも手術と言えば手術ですが)。

この方法も、バイパス手術同様の効果が得られるようでヨーロッパではすでに行われているようです。

日本でもこのような治療法が導入されるのかどうかはわかりませんが、今後の新しい治療法に期待したいところです。

6 まとめ

今回は糖尿病のセルフチェックについてお伝えしました。

糖尿病の原因には生活習慣が関与しています。

特に食事や運動が大切と言われています。

早めに生活習慣を改めることで糖尿病発症のリスクを下げることができます。

健康診断の血液検査での血糖値は空腹時のものです。

この数値が正常でも、食後に病的な高血糖の症状が出る場合もあります(隠れ糖尿病)。

血液検査の結果に安心せず、隠れ糖尿病の可能性も意識して生活習慣を見直しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様のご健康をお祈りいたします。

参考: 総務省「平成23年家計調査」

厚生労働省「平成21年地域保健医療基礎統計」

執筆mamotteライター理学療法士 イワモト

追記・編集:mamotte運営者 理学療法士 平林


理学療法士 平林

※ 編集を終えて:最後に ※

糖尿病は多くの人が抱えている症状でもあります。

糖尿病と診断される人もいれば、糖尿病の疑いや傾向がある。

と、お医者さんに言われた人もいるでしょう。

実際に、隠れ糖尿病の人もいれば、そうでない人もいるでしょう。

事実としては、食事と運動の関係によって、糖尿病になってしまう。

というのは間違いない事でしょう。

であれは、食習慣を変えて、運動を取りいれるだけで、糖尿病が改善・軽減できる可能性がある。

という事が言えると思うのです。

なので、糖尿病と診断されても、食事と運動によって、改善につなげる事ができる。

という意識は持っていいのかなぁと思うのです。

少しでも参考になれば嬉しく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

次の記事も読んでいただけたら嬉しいです。

The following two tabs change content below.
mamotte
mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク



糖尿病かもしれない。チェックしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mamotte

mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。