股関節の痛みで歩けない。病気の可能性を疑ってみた

股関節の痛みで歩けない

スポンサードリンク



理学療法士イワモト
こんにちわ。

mamotteライターで理学療法士のイワモトです。

股関節の痛みにおいて。

股関節の痛みが重度となって歩行不可能となり、手術が必要になることもあります。

今回はこの股関節の痛みについて、その原因として考えられる病気や治療などについてご紹介します。

理学療法士 平林
で、股関節も痛みを生じやすいの部位の一つです。

あなたは、股関節が痛くなった事はありますか?

股関節は、上半身と下半身をつないでいる重要な部位になります。

その股関節を痛めてしまうと歩くのもできないくらい辛くなる人もいます。

そこで、今回は『股関節の痛み』というテーマで記事にしました。

この記事を読めば、

◎ 股関節を痛めてしまう、病態について知って、予防や対策に繋げる事ができる

◎ 股関節の痛みの治療について知る事ができる

といった、メリットがあります。

今回の話を最後まで読んで、股関節痛の改善に役立てて欲しいと思います。

それでは、本日もよろしくお願いいたします。


※この記事はリハビリテーションの専門家である、理学療法士2名の思考と考えを交えて紹介しています。

内容は絶対ではありませんが、国家資格を取得しており。

学んできた経験があります。

ですので、信憑性や信頼性は間違いない部分もあります。

しかし、個人的な意見や見解もあるので、解釈は人それぞれです。

共感する部分は、共感して頂き、納得できる内容は納得して頂けたら嬉しいです。

ですので、この記事の内容が絶対正しい。

とは思わずに、リハビリテーションの専門家の意見や見解である。

というように捉えてほしいと思います。

この記事があなたの参考になれば嬉しいです。

では、宜しくお願いいたします。

mamotteライターの紹介


1 股関節の病気が考えられる事

股関節の痛みは病気によって起こることが多く、下記のイラストのように、寛骨と寛骨臼からなっています。

股関節のイラスト

股関節は骨盤(寛骨の寛骨臼)と大腿骨(骨頭)から成る関節

股関節の内部のイラスト

股関節とは、骨盤の寛骨(かんこつ)という骨と大腿骨の間で形成されている関節を言います。

詳しく言うと、寛骨臼(かんこつきゅう)または臼蓋(きゅうがい)と大腿骨頭(だいたいこっとう)から成っている関節です。

ここでは、股関節の病態に症状名をいれて紹介していきます。

1-1 変形性股関節症

変形性股関節症は股関節の痛みを生じる病気の代表的なものです。

大腿骨頭と臼蓋の間には軟骨があって、直接骨同士がぶつからないような構造になっていますが、加齢などの原因によって軟骨がすり減ってしまうと、関節が破壊されて関節が変形してしまいます。

そして、骨同士が直接ぶつかることで痛みも生じるようになります。

加齢などのほか、生まれつき臼蓋がうまく形成されていないなどの理由によってこの疾患が起こりやすくなると言われています。

女性に多い疾患で、重症化すると人工関節置換術が必要になることがあります。

股関節の参考 X線

初期:関節の隙間が見られる

画像出典:標準整形外科学、医学

骨折 転子科

進行期:隙間が減り変形が生じている

画像出典:標準整形外科学、医学

1-2 大腿骨頭壊死

大腿骨頭壊死の写真

画像出典:標準整形外科学、医学書院

大腿骨頭へ栄養を送る血管が損傷したり、詰まったりすることで骨頭が壊死を起こすものです。

後述する骨折によって血管が切れてしまったり、潜函(潜水)病によって血管が詰まったりする例があります。

アルコールの大量摂取で生じることもあります。

長期(15年以上)の大量飲酒をしていて股関節が痛くなったら、この疾患を疑ってみるの良いでしょう。

1-3 大腿骨頸部骨折

この骨折は高齢女性に多い骨折です。

骨がもろくなった状態で転倒などをすると、骨頭の下の頸部が骨折を起こします。

転倒などをした後に股関節が傷む場合は、この骨折を起こしている可能性があります。

この部分が完全に折れて血管が損傷されると、骨頭への血流が大幅に減少してしまうため、骨頭の壊死が起こります。

したがって、大腿骨頸部骨折を起こした場合、人工の骨頭へ入れ替える必要があります(例外あり)。

1-4 大転子骨折

大転子(だいてんし)が外力を受けて骨折する場合や、大転子から小転子まで横断的に折れてしまう転子間骨折などがあります。

頸部骨折のように転倒などによって起こります。

頸部骨折と大きく違うのは、この部位での骨折は血流が保たれるために、人工骨頭への置換は必要なく、骨接合術での治療が可能という事です。

1-5 股関節炎

股関節に炎症を生じるものに、股関節炎があります。

小児に多いものとして単純性股関節炎がありますが、1~2週間程度で治癒すると言われています。

ペルテス病といわれる病変との鑑別が必要なため、経過観察が必要です。

1-6 股関節症

股関節症といえば変形性股関節症が有名ですが、一般のタイプとは違って急速に進行する股関節症もあります。

急速破壊型股関節症と呼ばれますが、急速に股関節が破壊される特徴があります。

高齢の女性に多く、強い疼痛を発症します。

早めの対策が必要となります。

1-7 その他

その他には代謝性疾患、骨系統疾患や腫瘍によるもの、関節リウマチなど、股関節に症状を生じる疾患は多く存在します。

診断に詳しい検査や経過観察が必要なものもありますので、整形外科医による診断が必要となります。

2 そもそも、股関節ってどんな役割があるのか?

股関節の役割には様々なものがあります。

これより、主な役割についてご紹介していきます。

①骨盤と下肢を連結している関節である

股関節は人体で最大の関節です。

骨盤と下肢を強力に連結しています。

②下肢の様々な動きを可能にする

股関節は球状の関節であるため、大きな自由度が得られています。

  • 曲げる(屈曲)
  • 伸ばす(伸展)
  • 外に広げる(外転)
  • 内側に動かす(内転)
  • 足を外に回す(あぐらな感じ・外旋)
  • 足を内股にする(胡座位・内旋)

など大きな可動域での運動を可能としています。

③上半身を支えている

上半身の重量をしっかりと支えています。

筋肉の働きも必要ですが、股関節には大きな力に耐えて支持する機能があります。

具体的な動作を例に挙げれば、歩行における股関節の働きがあります。

歩行時の股関節の機能は重要で、ここが障害されると、跛行(歩行障害)を生じるなど移動に悪影響を及ぼします。

あまり意識されませんが、椅子に腰かける際にも股関節の働きは重要で、骨盤の傾きを調整するなどしてバランスを保っています。

3 股関節の症状について

つぎに、股関節の症状について話していきます。

3-1 股関節の痛み

症状が軽い場合は、長距離の歩行後に少し痛みを感じたり、違和感を覚えたりする程度です。

おしりや太ももにこわばった感じや痛みを生じることもあります。

症状が進行してくると、短距離の歩行で痛みを感じるなど、日常的に痛みを感じるようになる場合もあります。

また、日常生活を送るのが、辛くなる可能性もあるでしょう。

さらに進行すると、常時痛みを感じるようになって、歩くのが難しくなる場合もあります。

3-2 足を動かしづらい 

関節の変形(破壊)が進むと、股関節のスムーズな動きが損なわれます。

軟骨もすり減って骨同士がぶつかり合う状態となって、動かすと痛みを生じるます。

その為に関節を動かしづらくなります。

痛みと関節の物理的な変化などによって、股関節の可動域(関節の動く範囲)は制限され、次第に動かしづらさは増していくでしょう。

3-3 足が上がらない

股関節は歩行時などにおいて、大きな力がかかる場所です。

この部分に痛みがあると、大きな力(体重)を支えることが難しくなってきます。

股関節をかばった歩き方や動作の仕方が身についてしまい、痛みのある方(以下、「患側」と記す)の足に力を入れることが少なくなっていきます。

すると、結果的に患側の筋力は次第に低下してしまいます(筋力低下)。

筋力が弱くなると、さらに下肢の機能が低下して、足を使いたくなくなるでしょう。

そうなると悪循環が始まりやすくなります。

というのも、このように股関節痛が重度化し、筋力低下が進行していくと、足を上にあげることも困難になってしまうことがあるからです。

足を上にあげる事ができない→足を上にあげる事をしたくなくなる→筋力が弱くなる→足を動かさなくなる→更に筋力が弱くなる

といった事が考えられるのです。

なので、この悪循環を起こさないように意識する事は非常に重要だと言えるでしょう。

4 股関節の治療において重要な事

股関節の治療において重要なことは、できるだけ早く対策を始めるということです。

できれば初期の、股関節に違和感を覚えた時から始めるのがベストです(理想としては症状が出る前から予防を行うのがよい)。

痛いけど様子を見よう、痛み止めでなんとかしようなどという考えで時間を過ごしてしまうと、症状が進行して重度化してしまうでしょう。

人工関節に入れ替えるしかない。という状態になってしまう場合もあります。

なので、早めに対策を開始する方が良いでしょう。

そうすれば対策の選択肢が多くありますから、人工関節を用いない手術療法や、手術を行わない保存療法で対策ができる場合もあります。

という事で、症状を感じたらまず、股関節治療の経験豊富な医師の診察を受けることをおすすめします。

そして、リハビリに取り組みましょう。

とりあえず自分でできる対策として、肥満気味の人は減量すること、股関節の筋力をつける事です。

股関節に負担をかけないように心がけるとよいでしょう。

理学療法士イワモト

※ 理学療法士イワモトの考え・思う事 ※

股関節痛を放置して対策を行わないと、最終的に人工股関節への入れ替えが必要になることがあります。

人工の股関節は改良が重ねられ品質は良くなってきています。

また、術式も同様に改良が進められてきました。

股関節の手術写真

画像出典:標準整形外科学、医学書院

すでに股関節が痛くて歩けない状態になられている方は、この人工関節置換術を行うことで、痛みなく歩けるようになるため、良い治療法となるでしょう。

しかし、人工の関節は摩耗しますので、耐用年数というものが存在します。

また、昔ほどではなくなりましたが、術後の脱臼というリスクもあります。

脱臼しにくい人工関節は、一旦脱臼してしまうと簡単に整復する(関節をもとの状態に戻す)ことができず、再手術が必要になることもあります。

人工の関節にはこのようなデメリットが存在しますので、症状が進行していない方は、まず早めに対策を行って、進行をできるだけ抑える努力を行った方が良いでしょう。

減量と杖を使用することは予防に有効です。

杖は年寄に見えるから使いたくないとおっしゃる方は少なくないのですが、私はおすすめしています。

痛いのを無理して歩いていると、関節の破壊が進みます。

杖を使うと、体重の一部を杖(手)が支えてくれますので、その分股関節への負担が減少します。

松葉づえにすればさらに効果はアップします。

痛みの軽い方は、手で持つ普通のT字杖で良いでしょう。

最近は杖全体が花柄でペイントされているものなどもあって、おしゃれのアイテムとして考えれば、使用への抵抗も少なくなるのではと思います。

杖は患側の反対の手で握るようにして歩いてください。

テレビのドラマなどで、痛い側についている場面があるかもしれません(最近は少なくなりました)が、それは間違いです。

対策を行っていても進行してしまうこともありますが、初期であれば、臼蓋の方を切り取って回転させる手術方法など、人工関節を使用しない選択が可能な場合もあります。

痛みを我慢して放置しないこと、股関節に負担をかけない生活スタイルを身に着けて、股関節を長持ちさせてもらえればと願います。

6 股関節の痛みのまとめ

股関節は歩行などにおいて重要な役割を果たす大きな関節です。

この関節は丈夫な関節ではありますが、加齢や遺伝的な要因、その他の疾患などで痛みを起こすことがあります。

股関節痛は、最初は違和感や軽度の痛みから始まりますが、進行すると、足を動かしづらくなったり、強い痛みがあるために歩行が困難な状態となったりすることもあります。

股関節の治療のポイントはできるだけ早く対策を開始することです。

股関節痛が起こる疾患はいくつかありますので、自己診断は行わず早めに専門の医師の診断を受け、適切な治療を開始するようにしましょう。

自分でできる対策として、減量や杖の使用、歩き過ぎないことなどがあります。

対策を行いながら、股関節に無理な負担をかけないように生活していただければと思います。

執筆:mamotteライター 理学療法士 イワモト
追記・編集:運営者 理学療法士 平林


理学療法士平林
※ 編集を終えて・最後に ※

股関節の痛みによって、手術をしてしまう人って少なくないんですよね。

それくらい、股関節の痛みで苦しんでいる人は多いと言えます。

年齢を重ねれば、重ねるほど股関節は痛くなりやすいし、手術の危険性も高くなるし。

ホント油断はできないって感じです。

まぁ、それも当然と言えば、当然の事なので。

股関節の筋肉のUPや柔軟性の維持をしていかないと弱くなるのは当たり前ですしね。

じゃぁ、何が言いたいのかというと。

今から、股関節の筋トレをして、筋肉を衰えさせない事とストレッチをして、柔軟性を維持しましょう。

という当たり前の事を伝えたいのです。

そうすれば、股関節の痛みも起きにくくなるし、辛くなる可能性も低くなるでしょう。

でね、股関節の痛みって一度起きると、腰痛と一緒で治りづらい傾向があります。(まぁ、治療次第で治ってしまう場合も多々あるのですが・・・)

傾向としては、治りづらいし、高齢であれば、医者からは、直ぐに手術を勧められてしまいやすいのです。

そうなると、もう、手術をするしかない。

って発想になってしまいますよね。

この場合、確かに手術をする方が良いのかもしれないけど、本当は手術をしなくても痛みは治まる可能性もある。

という事を知って欲しいんです。

というのも、『この股関節の状態であれば、手術をしなくてはいけない』と診断を受けた患者さんでも、リハビリをだけで、痛みが無くなって、手術をしないで済んだ。

っていう人もいるからです。

これね、ウソだと思うかもしれませんが、ホントで。

僕も経験しています。

手術しかないよねーーって診断された人がリハビリだけで、痛みが無くなってしまう。

という事もしばしばあるのです。

この事実を知ってほしいなと思うところです。

で、股関節の手術をもし、勧められたとしても、まずは、リハビリで経過をみてみる。

という考えを持って欲しいなと思うのです。

これは個人的な意見であり、考えなので、ご参考にしてほしいと思います。

今回も最後までありがとうございました。

The following two tabs change content below.
mamotte
mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク



股関節の痛みで歩けない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mamotte

mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。