【読んでほしい】膝痛サポーターの効果はどれくらいか?リハビリのプロの考察

スポンサードリンク



理学療法士 イワモト
こんにちわ。

mamotteライターで理学療法士のイワモトです。

膝にサポーターをしている人っていますよね。

サポーターを着けた経験があればわかると思いますが。

確かに少し痛みがやわらぎますよね。

でも、痛みが完全になるくなるという訳でもなく、サポーターしても痛みが変わらない。

という方がいるのも事実です。

という中で、果たしてサポーターって効果あるのかなぁ・・・?

とちょっとでも思ったりしてしちゃうのではないでしょうか。

という事で、今回は、【膝痛にサポーターはどれくらい効果あるの?】というテーマで記事にしたいと思います。

この記事を読んで得られる事

この記事を読めば、

◎ 膝痛サポーターの効果について知る事ができて、症状の改善・軽減に役立てる事ができるでしょう。

膝の痛みが辛いと感じているあなたの役に立てばうれしいです。

では、本日もよろしくお願いいたします。


理学療法士 平林
※この記事はリハビリテーションの専門家で、理学療法士である運営者平林と、理学療法士イワモトの思考と考えを交えて紹介しています。

私達は国家資格を取得しており、実際の現場で学んできています。

ですので、信憑性や信頼性は間違いありません。

共感する部分は、共感して頂き、納得できる内容は納得して欲しいと思います。

で、一番伝えたい事は、【この記事の内容が絶対正しい!!】とは思わないでください。

という事です。

記事の内容は自信を持って提供していますが、医療の世界は個人的な意見や見解もあるので、解釈は人それぞれです。

ですので、一つの理学療法士の考えである。と捉えて欲しいです。

この記事があなたの役に立てばうれしいです。

では、宜しくお願いいたします。

mamotteライターの紹介


1 膝痛サポーターの効果はどれくらいか?リハビリのプロの考察

では、膝痛のためのサポーターの効果について話していきます。

1-1 膝痛のサポーターの効果はある。効果を感じている人は多い。

事実ベースとして、膝痛でも、膝に違和感がある人でも。

サポーターをすると、痛みが軽減する。

という人はかなりの数がいます。

というのも、安心感や固定されている感、膝の機能解剖的にサポーターをする事で、動作が制限される事で痛みがでない。

などなど。

サポーターの効果はあるのが事実です。

そんな中で、膝のサポーターの種類も沢山あるので、個々それぞれに適しているサポーターであるのかどうか?

という所が大切になります。

すべてのサポーターが同じ効果を持つわけではないのです。

その人の症状・状態に合うかどうかという要素がめちゃくちゃ大切になります。

つまり、ここでは、膝痛のサポーターをすると痛みが軽減する人は多くいる。

という事は言いたいと思います。

参考にしてください。

1-2 膝痛のサポーターの効果がない、感じない人もいる。

次は、膝痛サポーターの効果がない人です。

これもまた、残念ながら事実であり、効果を感じれない人がいるのです。

というのも、どんな痛みにせよ、サポーターで効果がないとなれば、膝の身体機能的な問題の可能性は低くなるだろう。

という予想もできます。

さらに、膝関節が激しく破壊され、変形が強く疼痛が重度の場合などでは、サポーターだけでは、十分な効果を感じられないこともあるでしょう。

つまり、膝の身体的な症状の具合や精神的な要素などが痛みとして出てきちゃっている。

という事もあるよ。

というお話です。

なので、サポーターは万能万全ではない。

という結論が言えるかなぁと思います。

また、十分な機能が備わっていないサポーターを装着していたのでは、痛みの軽減にはつながらない場合もあるでしょう。

膝関節の状態が重症であるか、サポーターの機能が十分であるかが重要なポイントとなります。

また、これは、根本的な部分なのですが。

装着方法の間違い・サイズが合っていないなどによって効果が得られていない人もいます

このような条件の違いもあって、結果的に効果を感じられないという人も出てきます。

とりあえずの参考にしてほしいと思います。

1-3【まとめ】結局はやってみないとわからない

膝のサポーターの効果がある人とない人と話しましたが、結局はやってみないとわからない。

というのが実際です。

なぜかというと、試してみないと痛みをどう感じるのか?がわからないからです。

でも当たりまえですよね。

味を確かめてもいないのに、不味い・上手いがわかってしまう。

何てことは想像でしかできないので。

つまり、膝痛サポーターも同じで、痛みが無くなるか、変わらないかは、試してみないとわからないのです。

この事実を受け止めてほしいなと思います。

また、サポーターには、精神的な効果もあります。

ですので、さらに効果の程度に個人差が生じてしまいます。

しかし、効果に差があるとはいっても、効果が得られる可能性は決して低くないので、気になる人はまず試して効果を感じてみてはいかがでしょうか?

2 【これ大事】膝痛サポーターはあくまでも補助道具という思考

早速ですが、サポーターはあくまでも補助具です。

サポーターに膝痛軽減の効果があることをお伝えしましたが、サポーターが最善の解決策ではありません。

サポーターはあくまでも膝の機能を補助する道具です。

何を補助するかと言うと、膝の安定性や支持性です。

グラグラしている関節を固定して安定させたり、筋力の不十分さを助けて支持性をアップしたりします。

このような補助で、膝の痛みは改善することが多くなります。

しかし、補助は補助であって、根本的な問題を解決するわけではありません。

補助に頼ってしまい、本来膝関節にあるべき機能を改善させようとしなければ、サポーターから離脱することはできないでしょう。

サポーターは膝の状態が改善するまでの一時的な補助道具である、という認識を持っておくと気持ちが楽になると思います。

3 どちらかというと、サポーターはしなくても大丈夫。(個人的な意見)

まず、これはどちらでも良い。

サポーターをしてみて、痛みや不安感が軽減するなら、使用した方が良い。
という意味です。

これは個人的な意見ではあるのですが。

効果はあるので、もちろん装着しても良いのですが、しなければダメとか着けたら治る(根本的に)という性質のものではありません。

なので、何とかしてすぐにでも痛みを軽くしたいと思う人は使えばよいし、そうでもない人は無理に装着する必要はないと思います。

まずは、試してみる。

こういった考え方が大切かなあと思います。

4 サポーターってたくさんあるから迷うよね。という話

ぶっちゃけ、サポーターってどんなものを買えばいいのか?

わからなくなりますよね。

近年様々なサポーターが考案開発されていて、近くのドラッグストアやネット通販でも好みに合ったサポーターを手軽に購入できるようになりました。

広く入手できるようになったことは、良かったと言えますが。

選択肢が増えただけにどれが一番いいの?

っていう感じでしょう。

あまりにも種類が多くなったため、悩んでしまうと思います。

どんなサポーターでもメリットを謳っているので、どれもよさそうに感じちゃうと思います。

なので、サポーターを選択する際のポイントを書き出しました。

参考にしてください。

サポーター選択のポイント

① 開発に医師がかかわっていること

特に整形外科の臨床経験のある医師が関わって開発されたものがおすすめです。

② しっかりと固定できるもの(緩めることもできるもの)

ベルトなどを締めることで、固定性を高められるものがよいです。

また、緩められることも重要です。

③ 信頼できる素材が使用されているもの

サポーターの素材は様々です。

良質な素材で作られたサポーターは通気性や耐久性に優れています。

④ サイズが豊富であること

サポーターは、サイズが合っていないと効果が半減します。

自分にあったサイズが選べるように、多くのサイズ展開されているサポーターがおすすめです。

サイズに迷った場合は、小さめのサイズにした方が良いでしょう(例えばLとMで迷った場合はMにする)。

⑤ 利用者の評価が良いこと

これはネット通販を利用する際のポイントです。

利用者が実際に使用した感想や、効果についての評価は必ずチェックしてください。

というように、膝サポーターの種類はたくさんありますので、どれを選んでよいか迷うでしょう。

間違った選択をしてしまうと、失望してしまう可能性もあります。

是非良いサポーターを選ぶようにしてください。

5 サポーターに迷ったら、コレを買った方がよい。

理学療法士 イワモト
※ 理学療法士 イワモトのつぶやき ※

私の場合、膝ではありませんが、足首に慢性的な痛みがあったので、サポーターを使用していた経験があります。
ただ、そのころは知識もなくどんなサポーターが良いかも知らず、手に入るものをとりあえず着けていたような状態でした。 

なので、結局は効果はありませんでした。

足首のサポーターをしても痛みは変わりませんでした。

つまり、適当に買っても効果がない場合があるよ。

という事です。

なので、サポーター選びには慎重になってほしいなとも思います。

その中で。

膝痛におススメなサポーターお医者さんの膝ベルト

【読んで欲しい】膝の痛みにおススメのサポーターは【お医者さんの膝ベルト】

2020年9月5日

参考にこちらの記事も読んでほしいと思います。

膝のサポーターを選ぶ際も、どれを選んでも似たり寄ったりだろうとは思わずに、より効果が得られるものを選んで欲しいと思います。

良いもの・自分に合ったものを適切に装着すれば、効果を感じられる可能性は高くなりますので、口コミなどを参考にしながら選んでほしいと思います。

6 まとめ  

今回はサポーターの膝痛に対する効果についてお伝えしました。

膝痛に対するサポーターの効果については、研究もおこなわれていて、有効であるという結果も得られています。

しかし、サポーターは万能ではなく、人によっては効果を感じられないこともあります。

結局装着してみないと、効果があるかどうかわからないという面があるのです。

なので、サポーターを吟味してください。

口コミや評判、友人の意見、サイトの情報、メリットデメリットなどなど。

調べられる事は調べて、検討して、考えて、購入してみましょう。

この時に、返金保証などあれば尚いいですね。

で、納得できたら購入して使用する。

というのがいいでしょう。

良いサポーターを選択すれば、それだけ効果を得られる可能性は高まります。

これは、間違いありません。

このようなサポーターなどの技術は高くなってきています。

なので、比較的効果は高いものばかりだと言えます。

だって、効果がないとそもそも、そのサポーターが売れる事なんてないので。

サポーターを選択さる際は、リサーチの時間を惜しまず、良いものを手に入れるようにしてくださいね。

今回の内容が参考になれば幸いです。

執筆:mamotteライター 理学療法士 イワモト
追記・編集:運営者 理学療法士 平林


理学療法士 平林
※ 編集を終えて・最後に ※

膝のサポーターの効果などは試してみないとわからないのが実際です。

今は、色々なサポーターが販売されている中で、良い物は沢山あります。

あなたに適したサポーターも必ずみつかると思います。

そもそも。サポーターも効果がないと商品自体が売れる事もないし、意味がないので、粗悪な物は比較的少ないと思います。

かといって、なんでもよい。

という訳でもないので、自分でリサーチして、納得した上で、返金保証など、そういったオプションがある膝サポーターを購入する方がいいのかなぁと思います。

今回の内容があなたの役に立てばうれしいです。

本日も最後までありがとうございました。

The following two tabs change content below.
mamotte
mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mamotte

mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。