股関節の手術は極力やるべきではないという話もある

股関節の手術は控えよう

スポンサードリンク



理学療法士 イワモト
こんにちわ。

mamotteライターで理学療法士のイワモトです。

股関節の手術について。

あなたに股関節の手術をした友人や知り合いなどはいますか?

股関節の手術は比較的行われる事が多いです。

必要によっては、股関節の手術をしないと命の危険にさらされる人もいます。

手術はしなくてはいけない人もいるし、しない方が良い。

という人が必ず存在します。

その中で、できれば手術はしたくないでしょう。

と誰もが思うのではないでしょうか?

きっとしたくないのではないでしょうか・・・・?

という考えの元に、今回は、【手術はできればしない方向性で考える方が良い】といったテーマで記事にしました。

この記事を読めば、

◎ 股関節の手術はできるだけしない方が良い理由について理解できます。

股関節に痛みがあって(変形性股関節症など)、手術を検討しているあなたの参考になれば幸いです。

では、本日もよろしくお願いいたします。


理学療法士 平林
※この記事はリハビリテーションの専門家で、理学療法士である運営者平林と、理学療法士イワモトの思考と考えを交えて紹介しています。

私達は国家資格を取得しており、実際の現場で学んできています。

ですので、信憑性や信頼性は間違いありません。

共感する部分は、共感して頂き、納得できる内容は納得して欲しいと思います。

で、一番伝えたい事は、【この記事の内容が絶対正しい!!】とは思わないでください。

という事です。

記事の内容は自信を持って提供していますが、医療の世界は個人的な意見や見解もあるので、解釈は人それぞれです。

ですので、一つの理学療法士の考えである。と捉えて欲しいです。

この記事があなたの役に立てばうれしいです。

では、宜しくお願いいたします。

mamotteライターの紹介


1 股関節の手術はなるべくならやらない方が良い。というお話

では、股関節の手術はなるべきやらない方が良い理由について話していきます。

1-1 なぜ手術をしない方が良いのか?説明する

股関節の手術は、広く普及し、珍しいものではなくなりました。

股関節を骨折した場合は、手術が当たり前という場合もあります。

その中で、もちろん結果的に良い場合もあるのですが、手術自体が成功しても、痛みが残ってしまったり、日常生活に制限が生じてしまうデメリットがあります。

そして、デメリットがメリットを超えてしまうこともゼロではないのです。

どういうことかというと、手術で痛みは軽減したけど、日常生活において、生活がしづらくなった。

という場合は、痛みが軽減した事はメリットですが、生活がしづらくなったのはデメリットと言えます。

この時、生活がしづらい方が優位に立ってしまえば、これはデメリットになってしまった。

と考えられます。

つまり、メリットより、デメリットの方が強くなってしまった。という事です。

なので、痛みが残ったり、日常生活において制限が生じたりといったデメリットを避けるには、手術をしない方が良いということになります。

1-2 手術にはリスクが必ずある。という話。

で、次に手術は必ずリスクがあります。

これは、すべての手術全般に言える大きなデメリットでもあります。

ここでは、股関節の手術ということも含めたリスクをご紹介したいと思います。

手術のリスク

① 手術による侵襲(しんしゅう:生体を傷つけること)

必ず身体を切る必要があります。

皮膚、筋膜、筋肉、関節包など、健康な部分にメスを入れる必要も出てきます。

見た目の傷が残ることをはじめ、痛み、しびれ、筋力低下、関節可動域制限などの原因になることもあります。

② 感染症(かんせんしょう)

手術をすることで感染症を起こしてしまうことがあります。

手術は清潔な部屋や器具を使用して行われますが、感染症を起こすリスクはゼロではありません。

③ 塞栓症(そくせんしょう)

手術の際に生じた脂肪組織が血流にのって、肺塞栓や脳塞栓などの重篤な疾患を引き起こすことがあります。

また、術後に深部静脈血栓症を生じて、血栓による肺塞栓などを起こすことがあります。死に至ることもあります。

④ 脱臼(だっきゅう)

手術の内容によっては、術後から股関節脱臼を起こすリスクを負うこととなります。

脱臼を起こすことで、再手術の必要が出てくることもあります。

⑤ 再手術の必要性

人工の骨を用いた手術を行った場合、摩耗や損傷による入れ替え手術が必要になるリスクを生じます。

⑥ 日常生活に支障をきたす

脱臼の項目とも重複する部分がありますが、手術によって、日常生活動作に制限が加わることがあります。

脱臼予防のための動作や、関節可動域制限による動作制限などがあります。

といった、6つの事が考えられます。

参考程度にしてください。

1-3 手術をした後に悪くなる人もいる

ぶっちゃけ、手術をした後に、悪くなる人もいます。

手術によって痛みが消えて、歩けるようになる方もいらっしゃいますが、すべてではありません。

新たな痛みやしびれがかわらないなど、不自由を感じる場合があるのです。

また、痛みは治まっても、脱臼を起こしてしまい、その都度整復が必要になってしまう場合もあります。

このように、手術の後に症状が悪化したり、その他のデメリットを生じたりする危険性があるのです。

2 とは言っても、股関節の手術をした方が良い人もいる

という中でも、やはり、股関節の手術をした方が良い人も沢山います。

それについて話していきますね。

手術をした方が良い場合

① 大腿骨頸部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)

極軽い骨折(いわゆるヒビ)の場合、保存療法で骨がつながる場合もありますが、大腿骨頸部が完全に折れてしまった場合では、自然と骨がつながる確率は高くありません。

人体の骨折の中で、骨のつながりにくさワースト3に入る骨折です。

このような骨折の場合、折れた骨頭部分を取り出して、人工骨頭と入れ換える手術を行います。

現代では一般的な治療法となっていて、現実的にはこの手術をすることが多いものです。

② 大腿骨転子部骨折(だいたいこつてんしぶこっせつ)

頸部より外側の骨折は転子部骨折と呼ばれます。

ここの骨折は、手術をしなくてもつながる可能性はあります。

しかし、確実に適正な位置での骨癒合を促すために、骨接合術(こつせつごうじゅつ)が行われることが多いです。

歩行復帰が早くなるというメリットもあります。

この手術も一般的に広く行われています。

③ その他

急速に進行した股関節症や、重度の痛みで日常生活に大きな支障をきたした方の場合、手術を行うことでQOLを高められることがあります。

上記の3つが言えます。

参考にしてほしいと思います。

3 結局は手術は極力しない方が良いし、した方が良い人もいる。

で、結局は、した方が良い人もいるし、しない方がよい人もいる。

という、どちらともいえないお話ですが、事実なんです・・・笑

その理由を紹介していきますね。

3-1 手術をしても、後悔する人もいるので。

最悪の場合、手術で亡くなることもあります。

本人は後悔することはできませんが、残されたご家族が後悔することとなるでしょう。

手術(例えば人工股関節置換術)をして、しばらくはよかったが、ぐらつきを生じたり、金属部分が折れたりして、再手術が必要になることがあります。

また、途中のトラブルはなくても、自然摩耗(人工関節の寿命)を生じて、入れ替え(約20年は大丈夫と言われている。年齢も考慮して手術がされるので、基本的には入れ替える手術をする事は少ない)が必要になることもあります。

という事で、股関節の手術は、簡単な手術ではありません。

身体への負担も大きく、入院期間も必要です。

再度の手術は、大きな負担になるのは間違いありません。

近年の人工股関節手術は、術後の脱臼を起こしにくいように工夫されていますが、脱臼を起こすことももちろんあるでしょう。

脱臼整復のために手術が必要になる場合もあるんです。

また、脱臼を予防するために、股関節の動きに注意した生活を余儀なくされ、不自由を感じることも少なくありません。

こういった理由から、股関節の手術はしなくても良いのかな。

とも考えられるでしょう。

3-2 手術をして良かったなぁと思う人もいる

一方、手術によって良い結果を得られることもあります。

特に長年痛みに悩まされていた方、痛みで歩くのが不自由だった方の場合、手術によって痛みから解放され、歩けるようになることは、大きな喜びとなります。

中には、こんなに良くなるのだったら、もっと早く手術を受けておけばよかったと感じる方もいるのも、これまた事実なのです。

3-3 結局は、人による。というのが正解

で、結局はあなた次第です。

的な感じになります。

股関節の手術は人によってその結果が異なります。

良かったなぁ・・・・

失敗したかな…

という気持ちは、人それぞれだし、ぶっちゃけ手術してみないと、結果はわかりません。

なので、手術による後悔をできるだけ少なくするために、メリット・デメリットについては十分理解して納得しておくことが何よりも大切だと思うのです。

そのためには、医師から詳しく説明を受けること、自分で、できる範囲で勉強をして情報を十分得ておくことが大切でしょう。

納得できない場合は、セカンドオピニオンを求めることも良いでしょう。

という事で、手術は十分納得してから臨んで欲しいと思います。

4 しかし、第一選択に手術は選ぶべきではない。

そもそも、手術を治療のファーストチョイスにしてはいけません。

骨折などの治療で、手術以外の方法がない場合もありますが・・。

そうではなく、変形性股関節症などの痛みの場合、手術を第一選択とすべきではないと思うんです。

というのも、まずは保存療法(手術をしない方法)が優先かなぁと。

保存療法(手術をしない方法)でどこまで良くなるのか?行ってみるのが一番良いと思うのです。

で、結果的に手術をせずに痛みが改善しちゃえば、それでOK。

といえます。

なので、まずは、手術をしない方法が第一選択になるべきだと思うのです。

で、以下に保存療法のポイントを乗せました。

参考にしてください。

① 体重を減らす

肥満状態ではないですか?

適正体重を目指しましょう。

股関節は上半身をさせる重要な役割があります。

よって、体重が重ければ、負担が多くなるのも理解できるでしょう。

なので、できれば軽い方が良いのは当たりまえだと言えます。

そこで、適正体重を目指して、その範囲の中でも軽い方にコントロールすることで股関節への負担を減らしましょう。

そうすれば、股関節を長持ちさせることが可能です。

② 歩行補助具を使う

適切な歩行補助具を使っていますか?

老人みたいだから杖は使いたくないとおっしゃる方もいます。

しかし、歩行補助具(杖や押し車)は痛みを軽くして、股関節を長持ちさせます。

外見を気にせず、補助具を使用しましょう。

補助具を使う事で、歩くときの股関節への負担を分散する役割があります。

なので、歩行補助具は使用するべきだと言えます。

③ 無理な運動をしない

健康のためだからといって、むやみにウォーキング(散歩)などをしていませんか?

歩行は全身には良いですが、股関節には負担となります。

股関節に負担の少ない運動を選択しましょう。

(股関節の筋肉をつけて、歩行に耐えられる筋力などが付いていれば、ウオーキングなども問題ないでしょう)

④ リハビリを行う

病院でリハビリを行いましたか?

リハビリでは理学療法士などが専門的な股関節のリハビリを提供します。

筋力増強訓練、関節可動域訓練、ストレッチ、日常生活動作の指導など、股関節痛改善のためのプログラムを行います。

リハビリをして、身体機能を強くして、股関節を弱らせない事は大切です。
間違いなくリハビリはするべきでしょう。

以上のような内容を確実に行ってみてください。

このような、手術をしない保存療法には可能性が秘められています。

5 やっぱり、手術は1ミリでもリスクはあるので、できるならしない方向性で考える方が良いと思う。という話。

理学療法士 イワモト
理学療法士イワモトの意見・考え

股関節の手術によって、痛みが改善し歩けるようになったということは多く経験しています。

術後早期に歩行訓練ができるようになったのも、良い結果を生んでいます。

しかし、すべて良いことばかりではありません。

例を挙げてみましょう。

最近では、人工股関節術後の脱臼は少なくなりましたが、それでもリスクはあります。

うっかり横座りやとんび座りをして脱臼したなど、姿勢によっては脱臼を起こす危険性があります。

靴下を履く際も、ストッキングエイドを使用する必要が出てくる場合もあります。

椅子に腰かけた状態で、下に落ちたものを拾うときはリーチャー(マジックハンドなど)が必要になることもあるのです。

手術自体にもリスクがあります。

私の親族の例では、術後(股関節ではありませんが)に意識不明となり、しばらくして亡くなりました。

術前は元気だったので残念です。

もちろん手術のミスではなく、まれに起こるもの(脳塞栓など)だと思います。

このようなリスク(死亡など)は、統計的には少ないですが、ゼロではありません。

手術を受けるということは、必ずリスクを背負うことになります。

手術は、上手くいけば効率よく症状を改善できる方法です。

しかし、保存療法も、時間と努力が必要ですが、効果があるものです。

今一度保存療法を見直し、実施してから手術の検討をしても遅くはないと思います。

6 まとめ 

今回は、股関節の手術についてお伝えしました。

手術は時に必要な時もあり、大きな効果が得られるものですが、リスクも存在します。

手術を行ったことによって、術後に不自由な思いをすることや、まれに重篤な障害を起こすこともあります。

変形性股関節症など、股関節に痛みを生じる疾患の場合、基本的にはまず保存療法が選択されます。

体重のコントロール、筋力増強訓練、歩行補助具の使用など対策を行うことで、手術を避けることも不可能ではありません。

手術は最終手段ととらえて、リハビリに取り組んでいただければ幸いです。

執筆:mamotteライター 理学療法士 イワモト

追記・編集:運営者 理学療法士 平林


理学療法士 平林
※ 編集を終えて・最後に ※

実際に、股関節の手術が必要ですね。

とお医者さんに言われた患者さんを担当した事があります。

歩く時に痛みが走って、辛い。というのが主訴でした。

でも、リハビリをして、僕が介入をしてから、少しづつ良くなった方がいます。

リハビリを開始してから1カ月目で、痛みが少し我慢できる程度になり、3か月目には、歩くのには辛くない。(時に痛みが走る程度)

6か月を過ぎたころにはほぼ、痛みがなくなりました。

という経験があります。

で、何が言いたいのかというと、お医者さんに手術が必要と言われても、このようにリハビリで痛みが軽減・改善する可能性もあるよ。って事です。

さらに、MRIやレントゲンの状態から見ても、手術が適応だという場合でも、リハビリで軽減・改善する事もあるのです。

これを一つの参考にあなたにも手術の際には考えてみるのもいいのかなぁと思う次第です。

今回の内容が少しでも約に立てば幸いです。

本日も最後までありがとうございました。

The following two tabs change content below.
mamotte
mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク



股関節の手術は控えよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mamotte

mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。