ぎっくり腰の応急処置とは?誰にでもできる簡単な方法を紹介

ぎっくり腰 応急処置

スポンサードリンク



理学療法士 イワモト

皆様こんにちは。

mamotteライターで理学療法士のイワモトです。

「ギクッ!!」と、突然やってくるぎっくり腰。

全く予想もしてなかった方、中には気を付けていたのに・・・という方もいるでしょう。

残念ながら、いくら自分で注意していても、発症してしまう事もあります。

そんな時は、早急に正しい応急処置をする事が大切です。

この応急処置をするか、しないかによって、予後の治りや改善度合いが断然違ってくるのです。

応急処置を少しでもしていたら

  • 翌日は少しでも動けるようになっていたり
  • 痛みが長引かなかったり

と予後の治りが良くなりやすいでしょう。

ですので、もしも『ぎっくり腰になってしまったら!!』どうすればいいのか?

といった事をを知っておくと良いでしょう。

その為に、まず【応急処置(おうきゅうしょち)】を知ってほしいのです。

という事で、今回は誰にでも行える応急処置の方法をご紹介します。

誰にでもできる方法なので、是非、覚えて実際に活用してみてほしいと思います。

では、本日もよろしくお願いいたします。

1 ぎっくり腰はなんで起きるのか?

まず、ぎっくり腰について話したいと思います。

ぎっくり腰とは突然起こる腰痛をまとめて表現した言葉です。

この言葉ができた時には、現代のような診断技術はなかったでしょうから、急に起きた腰痛はすべてぎっくり腰と呼んでいたのだろうと想像できます。

現代では診断技術が発達しましたから、はっきりとした診断名が付く場合も増えています。

しかし、現代の医学でも原因がはっきりわからない腰痛が多くあります。

ぎっくり腰のきっかけは様々です。

  • 物を持ち上げた瞬間
  • くしゃみをした瞬間
  • ちょっとした動作で起こることもあります

きっかけは多様ですが、原因は、

  • 腰へのストレス蓄積(過労、過度の負荷)
  • 筋力の低下
  • 筋の柔軟性の低下
  • 老化
  • 精神的ストレス

などいくつか考えられます。

いくつかが複合的な重ねる事もありますし、一つ、二つの事もあります。

そこは、一つづつ解決していく努力をしていき、改善を目指していきましょう。

2 ぎっくり腰の応急処置とは?

ぎっくり腰にも症状の違いがあって、立ち上がることもできないような場合から、痛みはあるけど歩ける程度の場合まであります。

軽度~重度まで様々なのです。

症状が強い場合は整形外科で診察を受けることをおすすめします。

しかし、そもそも、動く事ができないと病院にもいく事が難しいでしょう。

その場合は、大多数の方が効果を感じる方法をまず試してみてほしいと思います。(この方法は後にご紹介します)

ぎっくり腰は、椎間板ヘルニアなどの疾患が併発していたり、ぎっくり腰ではなく、他の病気が原因だったりということもありますので注意が必要です。

発症してすぐに病院へ行ける状態の時であれば、できるだけ腰に負担がかからないように、無理に動かさないようにして病院へ行くのもいいかと思います。

動けないときは【一先ず、一番楽だと感じる姿勢になる】これだけをするのがいいでしょう。

痛くて不安な時は、一先ず、安心するために、楽な姿勢を見つけるのが重要です。

そして、少しでも動けるなぁと感じたら、後に紹介する【うつ伏せになる】という方法をとって頂きたいと思います。

2-1 冷やすのか?

夜間、休日などすぐに病院へ行けない場合は患部を冷やしましょう。

急性発症した痛み(捻挫、打撲など)に対しては冷却が基本です。

冷やす事の目的やメリットとしては、体の内部で組織が損傷し、出血を起こすなど急性の炎症反応が起こります。

そして、冷却は末梢の血管を収縮させ、出血、疼痛の抑制に効果があるのです。

つまり、痛めた箇所を急激に冷やす事で、血液の流れなどを良くさせて、痛みを感じる物質を二次的に除去させてやろう。

という考えです。

冷やすときは、氷、アイスノンなどの冷たい物を使用します。

氷で直接冷やし続けると凍傷などの危険がありますので、10分程度冷やしたら時間を空けるなどしてください。

長時間連続して冷やす場合はタオルなどをはさんでください。

発症から2日程度は冷やして良いでしょう。

2-2 温めるのか?

温めると血管が拡張して出血しやすくなりますので、急性期に温めることは行いません。

お風呂で温めるのも急性期では避けましょう。

しかし、腰の場合、温めて気持ちが良いのであれば、それもOKです。

何故かというと、ぎっくり腰の場合は、それが炎症ではない可能性もあるからです。

炎症という症状の場合は、急性期に温める事はNGなのですが。

ぎっくり腰で炎症だという判断はなかなか難しいのです。

なので、温める事はダメだ。

という事ではありません。

腰を温めて、気持ち良かったり、楽になるのであれば、温めるのもよいでしょう。

慢性期の疼痛に対しては温めて、患部の血行を改善させることがよく行われます。

発症から3週程度経過後であれば通常温熱を加えてもよいと思われますが、状態によっては炎症が強く、冷やした方が良い場合もありますので、医師に確認してください。

患部に熱感があり腫れているようであれば、積極的に温めない方がよいでしょう。

通常湿布と呼ばれる張り薬は、効果として局所の血行改善の効果があるものがあります。

このような湿布は温熱の効果があり、冷やす効果はありません。

慢性期に使うのが正解です。

2-3 安静か?

急性発症した疼痛の場合は、極端な安静は控えるのがいいですが、動きすぎも良くありません。

動ける範囲で動くのがいいいでしょう。

全く動く事ができなければ、それは動く必要はありません。

動けるようになってから動きましょう。

実際動きたくても動けない場合もあると思います。

発症直後は痛みが極力出ないような姿勢を意識するのがいいでしょう。

仰向けで寝る場合は、足の下に枕や丸めた毛布を入れるなどして膝を立て、股関節を曲げるようにすると楽なことが多いです。

コルセットがあればコルセットで一時的に固定することも有効です。

しかし、コルセットは長時間・長期間の使用は避けましょう。

コルセットの効果は装着時だけなので、長期的にみると良くありません。

また、痛みが軽くなって動けるようになったら、早めに日常生活に戻していきます。

必要以上に寝て過ごす必要はありません。

安静期間が長過ぎると予後(回復の経過)が悪くなるという調査結果もあります。

無理のない程度で日常生活動作を行っていきましょう。

2-4 その他

ぎっくり腰であれば、時間の経過とともに楽になっていくことがほとんどで、命にかかわることもまずないでしょう。

しかし急に起こる腰痛はぎっくり腰だけではありません。

脊椎の圧迫骨折などは高齢者(特に女性)によく起こり、激しい痛みを伴うことがあります。

また、結石などの場合も尋常ではない痛みに襲われます。

すでに内科疾患を持っているなどして腰痛ではなさそうな感じがしたら、救急車を呼ぶことも検討する必要があるかもしれません。

痛みがどんどんひどくなる、下肢の麻痺が出現した、排尿・排便障害が起きたなども早急の処置が必要になりますので注意していきましょう。

3 実際に効果のあったストレッチ・体操

症状の重いぎっくり腰では、発症して数日は動けないこともあるでしょう。

比較的軽度の場合、症状に応じたストレッチや体操を行うことで症状が改善することがあります。

また、

初期の症状が強い場合でも数日経過して症状が軽くなってから徐々にストレッチ・体操を始めると良いでしょう。

3-1 うつ伏せになる

①枕を胸の下に入れてうつ伏せになりましょう。

②腰の痛みが弱くなるのをじっと待ちます。

数分~数十分待ちましょう。

②で、痛みが落ち着いたと感じた時から、四つ這いになって起き上がろうとします。

この時に腰の痛みが少しでも弱くなっているのかどうか?

という部分が大切なので、自分で確認してみてください。

で、うつ伏せで楽になった。

という方は、3-2に肘立の姿勢になります。

最初はうつ伏せになるだけでも大変な方もいらっしゃると思います。

楽にできる方は次の肘立ての姿勢に進みましょう。

この一連の方法は「マッケンジー法」という手技にも取り入れられている方法になります。

3-2 肘立ての姿勢を取る

うつ伏せから少し上体を起こして、両肘をつきます。

子犬(puppy)の伏せの姿勢なのでパピーポジションとも呼ばれています。

背筋に力を入れず、両肘で支えるようにします。

痛みが強いようであれば中止してうつ伏せに戻してください。

徐々に時間を延長します。

3-3 軽い腹筋運動

ぎっくり腰を起こすと、しばらく運動量が減少します。

腹筋の筋力も低下しやすいので、軽めの腹筋運動を行って筋力を回復させましょう。

もともと腹筋が弱かった方の場合は、再発の予防のためにも是非行いましょう。

腹筋運動(両足を伸ばして行う)は腰にはよくありません。

仰向けで両膝を立てて行いましょう。

膝の下に枕などを入れても良いでしょう。

こうすることで腰への負担が少なくなります。

上体は全部起こす必要はありません。

  1. 最初は両手の指先を両膝に近づけるようにしながら、頭を上げるだけでよいです
  2. 息を吐きながら上げます
  3. 慣れてきたら肩甲骨が床から離れるくらいまで上体を持ち上げます
  4. 腹筋に力が入るのを意識しながら行いましょう

腰が痛くてまったく動かせない場合は、腹筋を意識しながら、しっかりと腹式呼吸をするだけでもよいので早期からやっておくのがいいでしょう。

3-4 腰のストレッチ

しばらく動かないと筋の柔軟性が低下します。

また、強い痛みは筋を収縮させ、関節の動きを抑えてしまいます。

痛みに応じて加減しながら、腰周囲をストレッチしてあげましょう。

仰向けで両膝を立ててそろえ、左右にゆっくりと倒す運動から始めてみましょう。

筋の異常な緊張(収縮)がなくなることで痛みが軽減することもあります。

ただし、ぎっくり腰が筋の断裂などの損傷で起きている場合、早い時期に無理なストレッチを行うことは逆効果になりますから注意してください。

痛みがサインになりますから、痛みの強くなる方向のストレッチは避けましょう。

4 職員も腰痛には気を付けるべきである。といった話

理学療法士 イワモト

理学療法士イワモトの意見・考え

比較的最近の出来事ですが、一人暮らしの職員が自宅でぎっくり腰を起こして動けなくなったので、同僚が介助しに行ったということがありました。

業務上腰に負担のかかる部署の職員でした。

その後職場には復帰できましたが、比較的腰への負担が少ない部署へ異動となりました。

将来のことを考えると部署異動は正解だと思います。

私自身、何度か(何度も?)ギクツとやりましたが、動けなくなるほどではなかったのでラッキーでした。

しかし時々足がしびれたり、よくなったりは繰り返しています。

仕事だけでなく、遺伝的な要因もあるようなので、何度も再発を繰り返していたり、痺れなどの神経障害まで起こしていたりする場合は職場の検討もする必要があるでしょう。

とてもつらい選択ですが・・・

5 まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はぎっくり腰の応急処置についてお伝えしてみました。

最近の研究では、ぎっくり腰を起こした後、必要以上に安静にせず動いたほうがよいという結果が出ています。

適切な応急処置をして、その後痛みが軽くなったらあまり神経質にならずに早めに日常生活を再開するようにしましょう。

ぎっくり腰にならないように普段の予防も大切です。

一先ず、今回、ご紹介した内容の中で取り組みやすい方法を試してみてほしいなと思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様のご健康をお祈りいたします。

執筆者:mamotteライター 理学療法士 イワモト


理学療法士 平林

※編集を終えて・最後に※

運営管理者 理学療法士 平林です。

私個人的には、3-1、3-2で紹介している対処方法をまずは、おススメしたいと思います。

圧倒的に効果のある方法だと自分自身感じております。

誰もがそれで治るわけではないのですが、一定以上はうつ伏せになる事で良くなる事が多いと実感しております。

なので、騙されたと思って試してみるのは如何でしょうか?

あなたのぎっくり腰が治る事を心から応援したいと思います。 


前の記事はこちら → ぎっくり腰を予防する5つの方法とはなにか?を紹介しています。

ぎっくり腰の前兆を知って予防するために必要なことは? → 次の記事はこちら

The following two tabs change content below.
mamotte
mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク



ぎっくり腰 応急処置

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mamotte

mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。