後縦靭帯骨化症とはなにか?リハビリのプロ理学療法士が紹介

後縦靭帯骨化症とはなにか?

スポンサードリンク



※この記事はリハビリテーションの専門家である、理学療法士2名の思考と考えを交えて紹介しています。

内容は絶対ではありませんが、国家資格を取得しており。

学んできた経験があります。

ですので、信憑性や信頼性は間違いないと思います。

その中で、解釈は人それぞれなので、参考として読んでほしいです。

宜しくお願いいたします。

mamotteライターの紹介


理学療法士 イワモト

皆様こんにちは、mamotteライター理学療法士のイワモトです。

「後縦靭帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)」は脊柱(背骨)の靭帯が骨に変化してしまう病気です。

指定難病の1つとなります。

今回はこの後縦靭帯骨化症について、その症状や原因についてお伝えします。参考にしていただければ幸いです。

理学療法士 平林

こんにちわ。

運営者で理学療法士の平林です。

後縦靭帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)とは・・・・・・?

なんでしょうか?

って感じですよね。

聞きなれない言葉だし、始めて聞いた。

という人もいるでしょう。

後縦靭帯骨化症は、首や手、腰、足などに痛みやしびれが生じたり、力が入りにくい、変な感覚がある。

触られている感覚が薄い。

などなど。

体のあらゆる場所に症状が起きる可能性があるのです。

そこで、今回は後縦靭帯骨化症とはなにか?をテーマにしました。

  • 後縦靭帯骨化症とはなんなの?
  • 後縦靭帯骨化症は、首・胸・腰と背骨全体に起きる
  • 後縦靭帯骨化症の原因ってなに?
  • 後縦靭帯骨化症は治るのか?

といった、4つの視点を含めて紹介したいと思います。

この記事を読んで得られるメリットは、

  • 後縦靭帯骨化症とはなにかを知る事ができる
  • 後縦靭帯骨化症が治るのかどうか?を知れる
  • 後縦靭帯骨化症の原因を知って、少しでも予防に役立てられる

といった事が言えるでしょう。

最後まで読んで欲しいです。

では、本日もよろしくお願いいたします。

1 後縦靭帯骨化症とはなんなの?

ここでは、後縦靭帯骨化症にとはなにか?を話していきます。

1-1 後縦靭帯骨化症とはどういうものか?

後縦靭帯骨化症とは何か?

後縦靭帯骨化症のイラスト

後縦靭帯骨化症とは、脊柱の椎体後方を連結する靭帯(ほぼ脊柱全体を連結している)の一部が骨に変化してしまう疾患です。

原因や治療法が確立されておらず、指定難病の指定を受けています。

後縦靭帯の骨化は日本人の2~4%に見られます。

通常のX線撮影で分かることが多く、別の疾患やけがで撮影した時に偶然見つけられることもあります。

靭帯の骨化は必ず早いスピードで進行していくというわけではありませんが、靭帯の骨化が進むと、脊髄の通り道である脊柱管が狭窄して脊髄や脊髄から枝分かれした神経根を圧迫してしまう場合があります。

また、

骨化が進行して脊髄を圧迫しても無症状のこともあります。

症状が出現する場合、背骨が動きにくくなったり、しびれ、筋力低下、歩行障害などが起こったりします。

これが大まかな症状の概要です。

で、

後縦靭帯は人間の背骨を通過している脊髄神経と連なっているので。

首、胸、腰のどこの部位にでも骨化が生じる可能性があります。

なので、

手や足、首など体のあらゆる場所に症状が起きる可能性があるのです。

1-2 後縦靭帯骨化症の後発部位は?

後縦靭帯は脊柱全体にありますから、すべての部位に起こり得ますが、頸椎に最も多く発症します。

頸椎の発症は男性に多く、胸椎では女性に多く見られます。

全体として男性が女性の2倍程度発症率が高いというデータがあります。

また、50歳前後での発症が多いともされています。

2 後縦靭帯骨化症は、首・胸・腰と背骨全体に起きる

後縦靭帯骨化症は背骨全体に起こりますが、その場所によって症状が異なります。

ここでは、首・胸・腰の部位別に症状を箇条書きしました。

参考にしてください。

2-1 後縦靭帯骨化症の症状は?

これより、頸椎・胸椎・腰椎後縦靭帯骨化症について話していきます。

【頸椎後縦靭帯骨化症の症状】

  • 首や肩に「こり」や「痛み」を感じる
  • 首の動きが悪くなる
  • 手足のしびれ感(ジンジン、ビリビリした感じ)や感覚障害(鈍くなる)があ
  • 指の動きがぎこちなくなる(箸が使いにくい。ボタンのかけ外しが上手くいかないなど)
  • 手や指の力が入りにくい
  • 足が突っ張る感じがする
  • 躓(つまず)きやすくなるなど、歩行障害を生じる
  • 排尿、排便などの障害を生じる

頸椎後縦靭帯骨化症では手足の症状が起こり得ることが特徴です。

首の痛みや手(足)のしびれから始まることが多いです。

脊髄症状(中枢神経症状)と神経根症状(末梢神経症状)どちらも起こる可能性があります。

【胸椎後縦靭帯骨化症の症状】

  • 足のしびれ感
  • 背骨の動きが悪くなる(胸椎は元々動きが少ないので実感がない場合もあり。
  • 下肢に力が入りにくい(筋力低下)
  • 下肢に突っ張る感じがする(脊髄症状)
  • 躓きやすくなるなど、歩行障害を生じる
  • 排尿、排便障害を生じる

第1胸椎付近では手の症状が起こる可能性がありますが、それ以下になると手の症状は出なくなります。

頸椎と同様、脊髄および神経根両方の症状が出る可能性があります。

【腰椎後縦靭帯骨化症の症状】

  • 足のしびれ感、感覚障害を生じる
  • 間欠性跛行(かんけつせいはこう)…連続して長い距離を歩くことができないが、しばらく休むとまた歩くことができるようになる。
  • 下肢筋力の低下(つま先が上がらない、立ちしゃがみがしにくいなど)を生じる

腰椎部分では腰椎の1番目辺りで脊髄が終わり、枝分かれした神経の束である馬尾(ばび)神経へと移行します。

したがって、

後縦靭帯骨化症を生じた場合、脊髄自体を圧迫される可能性は少なく、馬尾神経が障害を受ける可能性が高くなります。

脊柱管狭窄症と似た症状が出現しますが、狭窄率が高くならないと症状が出ない特徴があります(50%程度狭窄されても症状が出ないこともあるようです)。

  • すべての部位で歩行障害、排尿・排便の症状が出る可能性があります
  • 後縦靭帯の骨化だけでなく脊髄の後方にある黄色靭帯(おうしょくじんたい)が同時に骨化を生じている場合もあります

3 後縦靭帯骨化症の原因ってなに?

では後縦靭帯骨化症の原因について述べていきます。

3-1 なぜ発症するのか?

なぜ発症するのか、その原因についてはいくつか考えられていますが、完全に解明されるには至っていません。

ただし、中年以降(50歳前後)の男性や、糖尿病、肥満の方に多いということはわかっているようです。

本質的な部分としては遺伝子レベルの原因が有力視されています。

3-2 考えられる原因は?

考えられる原因としては次のようなものがあります。

後縦靭帯骨化症の考えられる原因

  • 遺伝的な要因
  • ホルモンの異常
  • 代謝異常
  • 糖尿病
  • 肥満
  • 老化(退行変性)
  • 力学的要因
  • 炎症
  • 椎間板脱出

現代での研究では、遺伝的な要素について研究が進められていて、理化学研究所の研究チームが発症に関わる遺伝子「RSPO2」を発見し、その作用を解明しています。

※上記の可能性が全てではありません。

また、上記以外の原因の可能性もあるでしょう。

実際に後縦靭帯骨化症という診断をされたとしても、全く症状が生じない。

という人もいるので。

あまり気になさらずにして欲しいと思うのです。

4 後縦靭帯骨化症は治るのか?

現時点(2018年)では、根治療法は確立されていません。

後縦靭帯骨化症が起こっていても症状が出ないことがあったり、症状が出ても進行しない例もあったりしますので、必ずしも積極的な治療を必要としないこともあります。

骨化が進行して神経症状が生じた場合は、手術療法が対症療法として行われています。

理論としては、骨化によって脊髄や神経根などを圧迫してしまっている事によって、症状が出現している。

という考えなので。

手術して、圧迫している部分を削る、切り取る。

そうすれば症状はでないし、無くなるよね。

という考え方で。手術方法を用いて除圧します。

手術療法での改善率は50%程度で、100%改善には至りませんが、悪化する率は数%(頸椎の場合)と低く、悪化を抑える効果は高いと言えます。

ただし胸椎は若干成績が悪く、悪化する率が若干上がるようです(10%程度)

2017年の研究報告では、後縦靭帯骨化症患者の血液中のたんぱく質を調べ、それを基にマウスに後縦靭帯骨化症を発症させることに成功しています。

これによって、

後縦靭帯骨化症の発症メカニズムが解明されたとのことです。

さらに、

マウスでの実験では、in silico(コンピューターを用いて)で合成された物質を投与することで骨化の進行が抑制されました。

この研究は、靭帯骨化ブロッカー製剤(靭帯の骨化を遮断する薬)の開発に貢献しています。

今後の新薬の誕生に期待したいところです。

また、

治療ではありませんが、悪化させないための注意点があります。

まず脊柱に急激な、大きな力がかからないようにすることです。

また首を後ろに反らせすぎるなど、無理に動かさないことも重要です。

骨化部位に損傷が生じると急激な脊髄圧迫(損傷)が生じて、緊急の手術が必要になることもあります。

なので、

転倒や転落などに十分注意しましょう。

5 整体やカイロプラクティックってどうなの?か考察してみた

理学療法士 イワモト

理学療法士イワモトの意見、考え

後縦靭帯骨化症の原因について徐々に解明されてきているようで、将来的には治療が可能となるかもしれません。

しかし、

現状としては、神経症状が顕著になった場合は手術が治療方法となります。

手術はできるだけ避けたいものです。

急激な悪化を防ぐための配慮をしておきましょう。

例を挙げると、プロレス遊びに興じていた方が突然麻痺を生じたケースがあります。

また、首の骨などを「ボキボキッ」とならすのも危険です。

気づかない間に骨化が進行している場合もあります。

背骨に無理な力がかかった瞬間に骨化した靭帯が折れるなどして、神経を損傷することがあります。

背骨に違和感や首の痛み、手足にしびれなどの神経症状がある場合は、まず整形外科での診察を受けることをお勧めします。

靭帯の骨化が確認されることがあります。

最初から整体やカイロプラクティックなどに行かないようにしてください(行ってもまず整形外科での受診を勧められるでしょう)。

6 まとめ

今回は後縦靭帯骨化症についてお伝えしました。

後縦靭帯骨化症は背骨を連結する靭帯が骨化する(骨に変化する)病気です。

骨化によって脊柱管(脊髄の通り道)が狭くなると、脊髄や脊髄から枝分かれした神経が圧迫を受けるようになります。

神経の圧迫の程度が大きくなると、手足のしびれや筋力の低下、歩行障害など、様々な症状が出現します。

好発部位は頸椎(首)で、中年男性が発症しやすいという特徴を持っています。

現在、後縦靭帯骨化症は指定難病の指定を受けていて、治療法は確立されていません。

神経症状が進行する場合、対症療法として手術療法が行われます。

基本的には圧迫する部位を手術によって除圧する方法です。

この方法によって、症状の進行を抑えることが可能です(悪化例もあり)。

また、

近年遺伝子研究による原因の究明や治療法の考案がされていますので、今後新しい治療法への期待が持てます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。皆様のご健康をお祈りいたします。

執筆:mamotteライター 理学療法士 イワモト
追記・編集:運営者 理学療法士 平林


理学療法士 平林

※ 編集を終えて・最後に ※

後縦靭帯骨化症と診断されても悲観しないで頂きたい。

という想いが強くあります。

というのも、実際に僕の患者さんで、首の後縦靭帯骨化症と診断された40代女性の方がいまして。

約3カ月間の治療で日常生活に苦痛がなくなった。

というレベルくらいまで、症状が良くなったというケースがあったのです。

つまり、何が言いたいのかというと。

後縦靭帯骨化症と診断されても、症状は治る、軽減する可能性は多いにあるよ。

なので、諦めずに治療に取り組みましょう。

という事です。

で、

私が担当した患者さんは、初回評価時には、首の痛みと肩こりが酷く、腕と手までしびれを常時感じている状態でした。

で、

約3カ月間、全部で5回の施術を施したのですが、その結果、首・腕・手の痛みやしびれが軽減していったのです。

首の凝りや肩の痛みで座っているのが辛くて、30分も座っていられない。

状態であったのが、最後には座ることに苦痛がなくなっていました。

今では肩凝りと首の痛みを多少感じる程度で、他は問題ない。

という状態になりました。

このような事実があるのと、経験から。

実際に、後縦靭帯骨化症と診断されても良くなる可能性はあるのです。

と言いたいと思います。

でね、そもそも診断を下す医者も人間です。

全てが正しい。というわけではないのです。

診断が間違っている。

という事を言いたいわけではありませんが。

レントゲンの状態から後縦靭帯が骨化していたとしても、症状が起きるかどうかは、本人にしかわからないし。

レントゲンの状態が悪いからと言って、症状が100%あるのかどうか。

なんて言えないのです。

レントゲンの状態がすごく悪くても、体には何の症状も感じない。

という人は沢山いるのです。

つまり、

レントゲンの状態からでしか判断していない場合は、100%信じる必要はない。

そして、

適切な治療に取り組めば、症状も治る可能性はあるよ。

という事を伝えたいのです。

と、平林の小言として捉えて頂けたら嬉しいです。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

参考URL:
難病情報センター

後縦靭帯骨化症の病態と臨床像

理化学研究所

科学研究費助成事業

The following two tabs change content below.
mamotte
mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク



後縦靭帯骨化症とはなにか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mamotte

mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。