椎間板ヘルニアに効果的な筋トレ方法をリハビリのプロが紹介

椎間板ヘルニアの筋トレについてまとめた

スポンサードリンク



※この記事はリハビリテーションの専門家である、理学療法士2名の思考と考えを交えて紹介しています。

内容は絶対ではありませんが、国家資格を取得しており。

学んできた経験があります。

ですので、信憑性や信頼性は間違いない部分もあります。

しかし、個人的な意見や見解もあるので、解釈は人それぞれです。

共感する部分は、共感して頂き、納得できる内容は納得して頂けたら嬉しいです。

ですので、この記事の内容が絶対正しい。

とは思わずに、リハビリテーションの専門家の意見や見解である。

というように捉えてほしいと思います。

この記事があなたの参考になれば嬉しいです。

是非、宜しくお願いいたします。

mamotteライターの紹介


理学療法士 イワモト

こんにちは。

mamotteライターの理学療法士イワモトです。

『ヘルニアの場合って筋トレしていいの?』

このような疑問を持たれた事はないでしょうか。

腰椎の椎間板ヘルニアと診断され。

調子の悪い状態で生活していると、どうしたら治るのかと悩んでしまう方もいるでしょう。

腰痛を治すためには、腹筋と背筋を鍛えるのが良いよ。

とは聞くけど、腰が痛くて、そもそも、腹筋や背筋ができないし・・・

というように思う人も多いでしょう。

そこで今回は、【椎間板ヘルニアに効果的な筋トレの方法】をご紹介したいと思います。

筋力が弱くなったり、左右のバランスが崩れたりすると。

姿勢が悪くなり、さらに脊柱を安定させることができなくなってしまいます。

筋トレは椎間板ヘルニアの改善に効果的な一つの方法でなのです。

理学療法士 平林

また、この記事を読むと

  • 椎間板ヘルニアに筋トレは効果的である。という事が理解できる
  • 椎間板ヘルニアに有効な筋トレ方法が知れる
  • 椎間板ヘルニアにNGな筋トレについても理解できる

といった3点があります。

是非、参考にして役に立てばうれしいです。

では、本日もよろしくお願いいたします。

1 椎間板ヘルニアでも筋トレはしていいのか?

まず、答えとして、痛みが落ち着いて、比較的動けるのであれば痛みがでない範囲で筋トレはOKです。

むしろ、した方がいいでしょう。

というのも、ある程度筋力をつけておくことは、良い姿勢を保つためにも必要です。

なので、動ける事ができる範囲での筋トレは有効なのです。

ただし、ヘルニアの症状によって、痛みがつよければ、我慢して行う必要はありません。

痛みがでない程度で筋トレを行う。

というのを意識してほしいと思います。

※ 学生の頃に部活でやっていた(だろう)腹筋や背筋のトレーニング方法は、NGの場合もありますので注意が必要です。 ※

2 椎間板ヘルニアの人に筋トレが有効な理由ってなに?

まず、答えとして。

筋トレをすると、良い姿勢を取りやすくなります。

これが椎間板ヘルニアに有効である。

と言えます。

筋力によって脊柱は安定した姿勢が保たれます。

良い姿勢を保つためには筋力が必要になってくるのです。

で、悪い姿勢を取り続けると、良い姿勢を保つ為に必要な筋力が低下します。

そして、姿勢が悪くなる。

という悪循環を繰り返してしまうのです。

したがって、悪い姿勢は、椎間板ヘルニアを悪化させる原因と言えます。

という事で、

この悪循環を断ち切るためにも、筋力の強化は有効なのです

また、

力仕事をするときには、お腹と背中にしっかりと力を入れて腹圧(お腹の中の圧力)を高めましょう。

こうする事で、脊柱が安定します。

脊柱が安定すると腰に負担をかけず、重い物を持ち上げる事ができるようになります。

ちなみに、トリビア的な知識ですが、重量挙げの選手が腰にベルトを巻いているのは、この腹圧を上げて腰部を安定させるためです。

で、コルセットにも同じ働きがあります。

お腹や背中の体幹筋は、ベルトやコルセットの働きをしているのです。

つまり、腹筋・背筋を鍛えて、上手に筋肉を働かせる事で、腹圧が高まり良い姿勢を意識する事ができやすくなるのです。

その結果、腰への負担が少なくなる。

という事が言えるのです。

まとめると。

【良い姿勢を取る事が椎間板ヘルニアにならないために必要なヨウ素である】

【良い姿勢を取る為には、腹筋、背筋といった、体幹筋が必要である】

よって、このような理由で、筋力強化は椎間板ヘルニアの改善と予防に効果があると言えるのです。

3 インナーマッスルってなに?

近年インナーマッスルという言葉をよく聞くようになったのではないでしょうか。

これは、内側の筋、深いところにある筋(深層筋)の総称です。

逆に外側にある筋はアウターマッスルといいます。

どこからどこまでがインナーマッスルという明確な境界はありません。

3-1【インナーマッスル】

インナーマッスルは、姿勢の保持や細かい動きの調節などに働き、アウターマッスルの補助的な働きをします。

3-2【アウターマッスル】

アウターマッスルは、運動の時に主に働く筋(主動作筋)で、大きな動きを担当しています。

体の表面についている筋肉がアウターマッスルです。

負荷の強い筋トレで主に鍛えられるのは、アウターマッスルといわれています。

インナーマッスルがまったく鍛えられないということではありませんが、アウターマッスルとインナーマッスルとのバランスをよくするためにも。

インナーマッスルを意識したトレーニングが必要となります。

特に椎間板ヘルニアの予防・改善にはインナーマッスルが重要になってきます。

4 椎間板ヘルニアに効果的な筋トレ方法

先ほどお伝えしたように、椎間板ヘルニアに適した筋トレ方法とNGな方法があります。

下記に紹介していきます。適したやりやすい方法を行っていきましょう。

4-1 インナーマッスル(体幹)を鍛える

体幹の筋は特に腰部と深く関係していますので、トレーニングの中心となります。

インナーマッスルは姿勢の保持、運動の調整など重要な働きをします。

筋トレは安全性の高いものをご紹介しますが、実施中に症状の悪化を感じる場合は無理をせず中止してください。

【腹筋】

まずは安全性の高い腹式呼吸からです。

ヘルニア発症後、比較的早期から行うことができます。

お腹の深部にある腹横筋や横隔膜をしっかりと動かします。

最初は仰向けに寝た姿勢で行いましょう。

腹式呼吸イラスト
腹式呼吸イラスト
腹式呼吸の吸気

椎間板へのストレスが少なく、筋がリラックスする状態なので、両膝の下に大きな枕を入れるか、両足を椅子などの上にのせるとさらに楽になります。

① 両膝は曲げて立てておきます。

② この姿勢で、息をゆっくり吐きながらお腹をへこませていきます。

お腹にしっかりと力を入れ、息を吐ききったところで2秒ほど保持します。

③ 力を抜いて息を吸います。

自然と空気が入ってくると思います。

お腹の上に手をおいて、お腹がしっかり動いているか確認しながら行うとよいでしょう。

ヘルニアの症状が落ちついて通常の生活ができるようになったら、①から③を連続して10回程度から行ってみましょう。

この腹式呼吸は、坐位や立位、歩行時に行うこともできます。

次の段階にいきます。

腹筋のイラスト
腹筋のイラスト ②
腹筋のイラスト ③

できれば両足を椅子の上にのせます。

① 先ほどと同じ両膝を立てた仰向けになります。

② 息を吐きながらゆっくりと頭を上げます

手は胸の上で組んでおきましょう。

③ ゆっくりと下ろします

お腹にしっかりと力が入っていることを確認します。

息を吸います。

①から③を10回程度から始めましょう。

これはクランチという腹筋のトレーニングです。

なれてきたら肩と背中の上部が床から離れる位まで起こします。

よくやる腹筋のトレーニングのように体をすべて起こしてしまう必要はありません。

【背筋】

背筋は直接脊柱に作用しますので、様子を見ながら無理をしないように少しずつおこなってみてください。

学生時代にやったような、足をおさえて体を反らすような運動は行いません。

まず、安全性の高い方法からです。

背筋の運動 ①
背筋 足バタバタ運動
うつ伏せ背筋姿勢

① ばんざいの姿勢(腕が両耳につくような姿勢でうつ伏せに寝ます。)

② 右手と左足を同時に上げます。(数秒キープします。最初は数㎝でよいです。)

③ 右手と左足を下ろします。(脊柱の筋に力が入るのを意識する。)

①から③ができたら、②を左手に変えて同じように行います。

これができたら、つぎの方法です。

うつぶせばんざい
純粋な背筋運動
背筋終わった姿勢

① ばんざいの姿勢(腕が両耳につくような姿勢でうつ伏せに寝ます。)

② 両手と両足を同時に持ち上げます。(反動をつけないようにゆっくりと上げます。)

③ 数秒キープした後で下ろします。(背中に力が入っているのを意識します。)

左右5回ずつ程度から始めましょう。

これで痛みが出るようであれば中止して、また時間をおいて試してみてください。

(また、変法で、楽な方法では、背筋を伸ばして椅子に腰かけて両腕をゆっくり上げ下ろしする方法もあります。)

次の方法です。

四つ這い 四つ這い右肩
四つ這い ② 四つ這い左肩
四つ這い⑤ 四つ這い右足
四つ這い ⑥ 四つ這い左足
四つ這い ⑦ 四つ這い 左右の足て
四つ這い 8 四つ這い 左右の足、手

① 四つ這いになります。

② 右手をまっすぐ上に上げます。

(肩の高さ程度でよいです。数秒キープしたら下します。)

③ 四つ這いになります。

④ 左手をまっすぐ上に上げます。

(肩の高さ程度でよいです。数秒キープしたら下します。)

⑤ 四つ這いになります。

⑥ 右足を伸ばして上げます。

(できれば腰の高さまで上げて、キープしたら下します。)

⑦ 四つ這いになります。

⑧ 左足を伸ばして上げます。

(できれば腰の高さまで上げて、キープしたら下します。)

⑨ 四つ這いになります。

⑩ 右手と左足を同時に上げます。

(無理のない程度から行い、ゆっくりと下ろします。)

⑪ 四つ這いになります。

⑫ 左手と右足を同時に上げます。(数秒キープした後、ゆっくり下ろします。)

これらの動きを左右5回ずつから始めましょう。

そのまま四つ這いの姿勢でできる脊柱の運動もしてみましょう。

猫の運動 猫の運動 背中反らし

① 四つ這いで、まず少し腹筋に力を入れながら背中を丸めます。

(この時息を吐きます。)

② ネコのように腹筋を緩めて背中を反らせます。(息を吸いながら行います。)

これを10回程度繰り返します。

【殿筋】

殿筋(おしりの筋)は次に紹介する腸腰筋と同時に働いて、姿勢の保持に重要な役割を果たします。

腹筋始めイラスト
臀部をあげる
お尻上げ運動

① 両膝を立てて仰向けに寝ます。

② ゆっくりとおしりを持ち上げていきます。

(背中と大腿が一直線になる程度まで上げますが、無理せず少し上げる程度から始めてみてください。)

③ おしりを上げる。(数秒キープして、ゆっくりと下ろします。)

この運動は背筋のトレーニングにもなります。

10回程度から始めましょう。

次に、少し難しくなります。

両膝を立てた仰向く 左右のお尻あげ体操
太ももの筋トレ 腹筋・臀部の筋トレ

① 両膝を立てた仰向けになります。

② 右膝を伸ばして左膝の高さまで足を上げる。(そのままキープ)

③ 右足は上げたままおしりを上げていきます。

(おしりを上げたら数秒キープします。)

④ ゆっくりおしりと右足を下ろします。

反対側も同様に行います。

左右5回ずつから始めましょう。

また、背筋のところでご紹介した、四つ這いで足を後ろに伸ばす運動も殿筋の運動になります。

【腸腰筋】

腸腰筋のうち大腰筋は腰椎に直接ついていて、姿勢の保持などに重要な働きをします。

仰向け自然志位
右膝を抱えてお尻を伸ばす
仰向け②

① 仰向けになります。(両膝を立てた状態)

② 右側の膝を軽く曲げたまま右足を持ち上げ胸の方に引き寄せていきます。

(ゆっくりと行う)

③ 右膝は曲げたまま下ろして右足を床につけます。(ゆっくりと行う)

左側でも同様に行います。

動作を行っている間、背中が反ったりしないように腹筋にも力をいれておきましょう。

左右5回ずつから始めましょう。

次に、椅子に腰かけて行う方法です。

腸腰筋の筋トレ 腸腰筋の筋トレ戻し

① 右膝を曲げたまま右足を10㎝程度持ち上げます。(上半身は真っすぐに保ちます。)

② 数秒キープした後、下ろします。(ゆっくりと行う)

左側も同様に行います。

※さらに筋力を上げるためには、膝を持ち上げた状態で、手で膝を下に押しながらそのままキープします。

4-2 椎間板ヘルニアにNGな筋トレ

ヘルニアの状態によってNGな筋トレは変わってくるのですが、一般的に良くないといわれている方法をご紹介します。

おそらく皆さんが一度はやったことがあると思います。

両足を伸ばして上半身を起こす腹筋運動。

この運動は腹筋への効果がないわけではないのですが、体を起こすときに股関節を曲げる筋(腸腰筋など)を同時に強く使います。

腹筋を重点的に鍛える方法ではありません。

また繰り返し腰椎にも無理な負荷がかかるため、ヘルニアに対してはNGな運動となります。

次もよくやる運動です。

うつ伏せで伸ばした足を押さえて上半身を反らせて起こす運動です。

背筋といえば普通はこれですね。

力を入れて背中を反らせるため、瞬間的に椎間板に大きな力がかかります。

ストレスが大きいためお勧めできる方法ではありません。

その他、

脊柱が動きながら大きな力がかかる方法は無理がありますので避けましょう。

理学療法士 イワモト

※ 理学療法士 イワモトの意見・考え ※

椎間板ヘルニアに対して、筋トレは必要ないという考えもあります。

これには、

NGな筋トレを行うことで、逆に悪化させたりする危険があるという理由もあります。

もともとスポーツなど行っている方の場合、筋力は強いから筋トレは必要ないと考える場合もあるでしょう。

しかし、

特にヘルニアの症状が出てしまった場合、安静を余儀なくされてしまいます。

安静とまではいかなくても、全力を出すことはできません。

すると、かならず筋力低下が起こります。

また、気付かない筋力のアンバランスが生じている場合もあります。

このような理由で、やはり筋トレは必要と感じます。

ただし安全な方法を選ぶ必要はあるでしょう。

5 番外編 筋トレ以外で椎間板ヘルニアに有効な方法

【マッケンジー法】

歴史のある方法で、効果のある場合が多いようです。

聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

一般的に腰椎の椎間板ヘルニアに対して行う体操をご紹介します。

この方法は背中を反らすことで症状の改善を図っています。

この方法が逆効果になる場合もありますので、悪化する場合はすぐに中止してください。

症状に応じて次の方法を順に行っていきます。

【うつ伏せに寝ます】

この姿勢が楽にできる方は次のステップに進みます。

つらい場合は枕などをお腹の下に入れて調整します。

5から10分行います。

【うつ伏せから両肘を曲げて肘で上半身を支えます】

スフィンクスのような姿勢です。

これを5から10分行います。

背中を反らせる程度は、肘をつく場所を変えて無理のないように調整してください。

症状が軽くなれば継続します。

楽にできるようになったら次に進みます。

【さらに背中を反らせる運動です】

うつ伏せで両手をついて肘を伸ばしていきます。

上半身だけ腕立て伏せをするような感じです。

背筋は使わず手の力で上半身を持ち上げます。

腰は床につけたままです。

腰をしっかりと反らせます。

この腕立て伏せ10回を1セットとして行います。

10回のうち最後の2回は手を伸ばし切った位置で数秒保持します。

痛みが強い場合は中止してください。

上記の体操を状態に応じて調整しながら2~3時間おきに行います。

改善したら、回数を減らして1日に4回程度行います。

【正しい姿勢を身に着ける】

悪い姿勢は椎間板ヘルニアの悪化原因となります。

常に正しい姿勢を意識しましょう

脊柱の腰の部分は軽く前方に凸の状態がよい姿勢となります。

背中が丸くなると、後方に凸となってしまいます。

正座をして背筋(せすじ)を伸ばすと、腰にとって良い姿勢となります。

姿勢が悪くなっていないか時々チェックしましょう。

壁に背中、肩、後頭部をつけ背筋を伸ばしてみてください。

身長を測るときの要領です。

また、長時間の運転やデスクワークは椎間板の同じ場所に偏った力がかかりやすくなりますので。

定期的に背中を反らす体操などをして、できるだけ良い姿勢を保つようにしてください。

日常の歩行も背筋を伸ばして歩くように心がけましょう。

6 まとめ

今回は椎間板ヘルニアのための筋トレをご紹介しました。

筋トレにしても姿勢の改善にしても継続して行うことが大切です。

途中でやめないように週に1回でも2回でもよいですので続けて行ってみてください。

調子がよくなっても急に無理をしないように気を付けて頂けたらと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

執筆:mamotteライター 理学療法士 イワモト

追記・編集:運営者 理学療法士 平林


理学療法士 平林

※ 編集を終えて・最後に ※

運営管理者で理学療法士の平林です。

椎間板ヘルニアの場合でも筋トレは十分にして良いと思います。(痛みの範囲で調整しながらですが・・・)

むしろ、筋トレやストレッチなどをしない方が椎間板ヘルニアは悪化していくことでしょう。

正しい方法で行えば、筋トレをしても悪化するという事はほぼありません。

悪化するのであれば、それは筋トレの方法が間違っているだけであり、正しい筋トレの方法を行えば十分対処できます。

なので、椎間板ヘルニアでも筋トレをしても良いと言えるでしょう。

また、

筋トレをする前と後に腰の軽いストレッチを行う事で筋トレもできるようになります。

基本的な筋トレは行ってOKなので、怖がる必要はなく、筋トレしてもいいでしょう。

あとは、

何よりも、椎間板ヘルニアを治す事を最優先にしてくださいね。

手術以外でも、簡単な体操やストレッチで椎間板ヘルニアは治せます。

というか、治る可能性が非常に高い症状です。

他の記事も参考にして頂けたらと思います。

The following two tabs change content below.
mamotte
mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク



椎間板ヘルニアの筋トレについてまとめた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mamotte

mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。