ヘルニアで腰と足の痛みが辛い。理学療法士が解決策を提案

ヘルニアで腰痛

スポンサードリンク



※この記事はリハビリテーションの専門家である、理学療法士2名の思考と考えを交えて紹介しています。

内容は絶対ではありませんが、国家資格を取得しており。

学んできた経験があります。

ですので、信憑性や信頼性は間違いない部分もあります。

しかし、個人的な意見や見解もあるので、解釈は人それぞれです。

共感する部分は、共感して頂き、納得できる内容は納得して頂けたら嬉しいです。

ですので、この記事の内容が絶対正しい。

とは思わずに、リハビリテーションの専門家の意見や見解である。

というように捉えてほしいと思います。

この記事があなたの参考になれば嬉しいです。

是非、宜しくお願いいたします。

mamotteライターの紹介


こんにちは。

運営者で理学療法士の平林です。

今回も、mamotteライターで理学療法士のイワモトと執筆しました。

今回は、ヘルニアで腰や足の痛みが辛い。というあなたの為に記事にしてみました。

ヘルニアは腰と足が痛くなる場合が多いです。

ほとんどの方が痛みで苦しむ事でしょう。

その中で、この記事では、

  • あなたの症状を治す為に必要な治療を提案する
  • MRI、レントゲンって意味あるのか?
    とった方が良い場合、とらなくて良い場合について
  • 注射や投薬で効果がない場合はどうすればいいのか?
  • 結局、治す事はできるのか?

という4つの観点も含めてお伝えします。

この記事を読む事で、

  • ヘルニアに有効な治療を知る事ができる
  • ヘルニアは諦めなければ治る可能性はある

といった二点のメリットがあります。

この記事が、あなたの椎間板ヘルニアの症状を治す為に必要な内容だと気づく事ができるでしょう。

では、本日もよろしくお願いいたします。

1 ヘルニアで腰や足の痛みを治す為に必要な治療を提案する

椎間板ヘルニアの治療は大きく分けて二種類あります。

一つ目は保存的療法(手術を行わない方法)、二つ目は手術療法です。

まず保存的療法からです。

椎間板ヘルニアが発症してすぐに手術が必要となることは多くありません。

多くの場合、保存的療法によって治療を行います。

腰椎ヘルニアの症状は腰痛や坐骨神経痛(腰から足へ走る痛み、しびれなど)があります。

腰痛が強い場合は、椎間板ヘルニアに加え、その他の腰の障害(筋、靭帯の損傷など)が合併していることがあります。

腰椎椎間板ヘルニアは基本的には椎間板にかかる過度の継続的ストレスが原因になっています(遺伝による影響もあるため、ストレスがそれほどかかっていなくても発症する場合もあります)。

したがって根本的な治療は、椎間板へのストレスを減らすということが原則となります。

しかし、椎間板へのストレスを全くなくすことはできません。

なので、ストレスのかかり方を変えたり、椎間板の前部にかかっていたストレスを後方へずらしたりすることで積極的にヘルニアを改善させるという考え方があるのです。

具体的には、

  • 薬物療法
  • 姿勢の改善
  • 動作の改善
  • 筋トレ
  • ストレッチ
  • 治療体操(マッケンジー法など)
  • 徒手的療法(マッサージ、カイロプラクティックなど)
  • 物理療法(温熱、電気など)
  • 装具療法(コルセット装着)

などがあります。

では、姿勢の改善による方法の例を挙げたいと思います。

背中の丸くなった姿勢は腰椎椎間板の前方にかかるストレスが大きくなりヘルニアの原因となります。

胸を軽く張って、腰を軽く反らせた良い姿勢をとると、椎間板前方に偏っていたストレスが椎間板全体に均等にかかるようになります。

このように椎間板にかかる力を正常化すると、ヘルニアの予防・改善に効果があるのです。

腰椎ヘルニアの髄核の移動

髄核の移動 椎間板ヘルニアが完成されるまで

治療体操という分類では、積極的にヘルニアの改善にアプローチしていきます。

腰を反らせると椎間板の後方にストレスが加わり、後方へ移動した髄核(ずいかく)を前方へ押し戻す作用が生まれます。

このような考え方を応用した体操を行うことで、髄核の後方への脱出を防ぎます(参考 マッケンジー法)。

次に手術療法についてです。

通常保存的療法で改善の効果があることが多いですが、ヘルニアが大きく、神経への圧迫が強い場合は早急に取り除いたほうが良い場合があります。

下肢の麻痺、膀胱直腸障害など重度の症状が出現した場合は手術の適応になるでしょう。

神経への圧迫期間が長くなると後遺症が残る危険性が高まりますので、重度の症状が生じている場合は早めに手術を行うと予後(術後の回復)が良いです。

内視鏡を用いてヘルニアを取り除くなど、侵襲(生体を傷つけること)の少ない手術が普及してきていますので、術後の傷も小さくなっています。

ヘルニアの手術も進歩しているので、悪くないかもしれません。

手術も治療の一つとして、考えても良いと思います。

しかし、

手術で良くなっても、良くなった状態を維持していかなくてはいけません。

なので、そのためには、根本的な原因を解決させるべきです。

それは、手術ではない治療体操や姿勢の改善で獲得できるといえるでしょう。

是非、意識してほしいと思います。

2 MRIやレントゲンを取る必要はあるのか?

また、MRIやレントゲンって意味あるのでしょうか?

ちょっと気になりませんか?

レントゲンをとっても、説明されて、うなずく事しかできないだけで、意味がわからない。

と思いませんか?

腰痛などで整形外科にかかると、レントゲン撮影などの検査を必ず受けますよね。

この検査ってなんなのでしょうか?

この項目では、MRIとレントゲンはとった方が良いのか?とらない方が良いのか?

という2点について紹介したいと思います。

2-1 とった方が良い場合とその理由

通常、腰痛があったり坐骨神経痛があったりする場合、病院で診察を受けるとレントゲン写真は撮られることがほとんどだと思います。

腰椎が変形していたり、ずれていたりすることもありますから、一度は撮っておいた方がいいでしょう。

坐骨神経痛は神経を圧迫することで起こる症状です。

神経の圧迫は残念ながら通常のレントゲン写真には写りませんので、MRIを撮ることをお勧めします。

特に坐骨神経痛の症状が強い場合は、手術が必要かどうかの判断材料にもなりますので、MRIの検査結果は重要です。

検査の料金が高めですが、神経をどの程度圧迫しているかを客観的に把握しておくことは大切でしょう。

 

※ここで注意して頂きたいのが、MRIの結果やレントゲンの結果が100%一致する。

というわけではありません。

どういう事かというと、MRIやレントゲンの状態が悪くても、必ず痛みとして発生するわけではありません。

中には、画像所見で、結果が悪いにも関わらず、実際には痛みを感じていない。

という人がいるのです。

なので、画像所見は100%一致しない。

と参考程度にしてほしいなと思うのです。 ※

 

2-2 とらなくても良い場合とその理由

では必ず撮影する必要があるかというとそうではありません。

通常のレントゲン写真は撮ったとしても(診断の材料として撮影されることが多い)、MRIに関しては坐骨神経痛などの神経症状が出ていなければ撮影する必要性は低いと思います。

ご自分の症状をよく観察して、腰から下に広がるような(または限局した)痛みがない、しびれや感覚の鈍いところがない、筋力の低下がないなど神経の症状がなければMRIは必須ではないでしょう。

この辺りは医師が的確に判断されると思います。

レントゲン撮影については通常取られることが多いですが、X線被ばくを避けたい場合は断ることが可能です。

明らかに症状が腰痛だけで、その原因が脊柱周囲の筋などの場合はレントゲン撮影をすることなく診断がつく場合もあります。

3 注射や投薬などで効果がない場合はどうすればいいか?

では、注射や投薬はどうでしょうか?

投薬による治療法は、痛みを抑えたり、緊張した筋肉をリラックスさせたりするものです。

投薬の作用によって一時的に痛みを抑えることができますが、ヘルニア自体を治療するものではありません。

薬の効果がなくなればまた同じ症状が現れることが多いです。(投薬期間中にヘルニアが縮小すれば、痛みが抑えられている間に治る可能性もあります)。

やはり、注射や投薬治療だけの治療はよくありません。

何よりも、効果があらうのは、椎間板に対するストレスを軽減するような対策をする事です。

その対策としては、

  • 良い姿勢(腰に負担のかかりにくい姿勢)を習得する
  • デスクワーク、長距離運転などでは座位の姿勢に対して配慮する(クッションの利用など)
  • 同じ姿勢が続かないように、時々姿勢を変える、体操・ストレッチなどを行う
  • 物を持ち上げるときは膝を曲げ、腰を落とし、脚の力を使用して持ち上げる(軽いものでも)
  • 体幹筋(腹筋、背筋など)、下肢筋を強化する
  • ストレッチを行い、柔軟性を高める
  • 適度な運動(ウォーキングなど)行う
  • ヘルニアに効果のある運動療法を行う(例:マッケンジー法など)
  • 日常生活動作、仕事での動作・姿勢の改善をする(指導を受ける→理学療法士など)
  • コルセット装着を検討する。

 など、症状に応じた内容を行う事です。

民間で行われている徒手的療法(カイロプラクティックなど)は適切に行われれば効果の期待が持てます。

しかし、

症状が出ていきなりカイロなどの徒手的療法を受けるのではなく、原則として最初に病院(整形外科)で診察を受けることが大切です。

ヘルニアの状態を客観的に検査することなく施術することは危険です。

まれに資格を持つことなく開業していたり、資格者は一人でその他はアルバイトがおこなっていたりということもあるようなので十分な注意が必要です。

このような対策を実行してもなお症状が継続し、悪化するようであれば手術の検討が必要となることがあります。

また、手術を早急に検討した方が良い場合もあります。

  • 歩行障害が重度である
  • 下肢に筋力低下などの麻痺が強く出ている
  • 膀胱直腸障害が出現した

これらのの症状は、命の危険にもなるので、手術適応となる場合があります。

しっかりと、覚えてほしいところです。

4 結局、治す事はできるのか?

では、結局、ヘルニアは治す事ができるの?

というと、答えとしては、早期から適切な対策・治療を行えば治すことが可能です。

症状が出ているのに対策をしなかったり、病院へは行ったけど生活は以前のまま変わらなかったりでは改善しないこともあります。

症状が出たら早期に診断を受け、確実に対策を行うことで完治する可能性は高まります。

運悪く、早期から症状が重度の場合は手術が必要になることもあります。

手術によって主要な症状は改善しますが、しびれなどの症状が残ることはあります。

手術を行っても、また以前と同じ生活を繰り返すと再発することもありますので、手術後も予防が必要です。

なによりも、手術後に如何に、再発予防に取り組めるのか?

という部分が大切になるかなと思うところです。

理学療法士 イワモト

※ 理学療法士 イワモトからの意見 ※

椎間板ヘルニアは遺伝の影響があることが分かっていて、残念ながらなりやすい体質の方は不利になります。

しかし、しっかりと対策を行うことで発症のリスクを下げることができます。

椎間板にかかる負担は日常のちょっとした動作でも変わってきます。

洗濯物を干す動作を例に挙げてみます。

床に置いた洗濯物かごの中から洗濯物を取り出す場合、膝を曲げずに上体だけを倒して(お辞儀するようにして)取り出すことが多いでしょう。

膝を曲げて腰を落として取り出す方は少ないでしょう。

このようなお辞儀の動作の繰り返しは腰部の椎間板に負担をかけてしまいます。

洗濯物かごを高い位置において取り出せるようにすると腰への負担を下げることができます。

かごが低い位置にあるときは膝を曲げ、腰を落として洗濯物を取ることです。

ごみを拾うときも同様に、軽いものでもしっかりとしゃがんで拾うことが重要です。

このちょっとした動作の積み重ねがヘルニア発症の危険を増やしますから、この程度は・・・と思わずに注意しましょう。

このあたりからしっかりやると、改善の可能性が高くなります。

また、腰部の椎間板ヘルニアは腰が痛くなるものだと誤解されていることも少なくありません。

痛みがなく、脚の筋力低下、感覚障害などの神経症状のみが出る場合もありますから、注意が必要です。

スリッパが脱げやすくなったり、つまずきやすくなったりなどの症状が出てくる場合もあります。

日ごろ感じている症状をメモしておき、診察を受ける際にもれなく医師に伝えることが大切です。

患者さんからの情報は正確な診断の大きな手助けとなります。

5 まとめ

今回は腰の椎間板ヘルニアについてお伝えしました。

椎間板ヘルニアの治療・予防は日常の生活動作(仕事含む)や姿勢の改善が大切です。

早めに正確な診断を受けて、対策をしっかりと行えば完治の可能性が高くなります。

痛みだけを薬で抑えて無理することがないように注意してください。

悪化させてしまうと、手術が必要になる場合があります。

椎間板ヘルニアは病院でのリハビリテーションの対象になっています。

リハビリでは椎間板ヘルニアに効果のある治療体操や日常生活動作の指導を行っていますので、利用するとよいでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様のご健康をお祈りいたします。

執筆:mamotteライター 理学療法士 イワモト
追記・編集:mamotte 運営者 理学療法士 平林


理学療法士 平林

※ 編集を終えて:最後に ※

mamotteでは、いくつか椎間板ヘルニアについての記事を紹介しています。

これは、私が腰痛の治療に特化した理学療法士だからです。(腰痛だけではありませんが、腰痛や首痛を治すのが得意という意味です)

これまで、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断された患者様の症状を治してきた経験があります。

その中で、やはり、腰が痛くて辛い思いをされている方は多いんだなぁと感じています。

何をしても症状が治らない人もいれば、何十年も腰痛に苦しめられている人もいる。

という事実に終止符を打ちたいなあぁと心の底で思っています。

そこで、このmamotteでは腰痛に関連した記事を沢山紹介している。

というわけであります。

なので、

もし、あなたが腰痛で辛い想いをされてるのであれば、【腰痛は治る可能性が多いにある】という事を少しでも想っていただけたらなぁと思っています。

この想いが伝われば嬉しいなぁと思います。


前の記事はこちら → マッサージはヘルニアに効果があるのか?考察しています。

The following two tabs change content below.
mamotte
mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク



ヘルニアで腰痛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mamotte

mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。