椎間板ヘルニアの治療と症状とは?基本的な知識を紹介する

椎間板ヘルニアの治療と症状の知識

スポンサードリンク



【腰が痛くなる時はあるけど、数日経てば自然に痛くなくなってるし、まぁ~いっかぁ・・・】

って、放置した経験はありませんか?

もし、このような事をしてたら、危険ですよ。

悪化させてしまう可能性があります。

なので、放置しないようにする方がいいと思います。

その、『まぁいっかぁ~』という放置で後悔しないためにも・・・・

理学療法士 平林

こんにちわ。

mamotte編集長で理学療法士の平林です。

実は、このような行動があなた自身でヘルニアを助長させている可能性がるのです。

【少しでも腰が痛くなる時がある】という事は、何かしらの原因が腰に存在している証です。

ですので、

この【まぁ~いっかなぁ・・・・】という放置が積み重なる事によって、気づいた頃には、椎間板ヘルニアが完成されてしまっていた。

なんていう場合も少なくありません。

なので本来であれば、少しでも腰に痛みを感じた時に、すぐにでも対策をするべきでしょう。

さらに、椎間板ヘルニアになっていたとしても、痛みの強さや閾値(いきち:痛みを感じるレベル)は人それぞれ違うので、痛みとして発症するかどうかも個人によって違います。

なので、実際には椎間板ヘルニアによる痛みが発症するかどうかもわかりません。

でも、実際には椎間板ヘルニアになってしまっているので、いずれ、痛みを感じるようになり、気付いた時には、【時すでに遅し】みたいに、ヒドイ痛みで辛い。

なんていう可能性もあるでしょう。

なので、大切なのが、【まぁ~いっかなぁ・・・】を積み重ねないようにする事です。

そこで今回は椎間板ヘルニアの治療をテーマに記事にしました。

この記事を読めば

  • 椎間板ヘルニアの治療について知れる
  • ヘルニアの原因や症状を知って、治療に役立てる事ができる

といった2点のメリットがあります

この記事を読んで、ヘルニアに関する知識を知って頂き、予防や治療に繋げて頂けたら嬉しく思います。

では、本日もよろしくお願いいたします。

※この記事はリハビリテーションの専門家である、理学療法士の思考と考えを交えて紹介しています。

内容は絶対ではありませんが、国家資格を取得しており。

学んできた経験があります。

ですので、信憑性や信頼性は間違いない部分もあります。

しかし、個人的な意見や見解もあるので、解釈は人それぞれです。

共感する部分は、共感して頂き、納得できる内容は納得して頂けたら嬉しいです。

ですので、この記事の内容が絶対正しい。

とは思わずに、リハビリテーションの専門家の意見や見解である。

というように捉えてほしいと思います。

この記事があなたの参考になれば嬉しいです。

是非、宜しくお願いいたします。

mamotteライターの紹介

1 ヘルニアってなに?どういう事か?

ヘルニアとは、体内の臓器の一部が正常な状態の位置から脱出してしまった状態を指します。

ヘルニアは、椎間板と呼ばれる背骨の椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨が何らかの原因で飛び出してしまった状態です。

そして、神経などを圧迫してしまうことによって生じる症状であり、椎間板ヘルニアと呼ばれています。

これによって神経などを圧迫する事で、下肢に痛みやしびれなどといった症状が出てくるのです。

椎間板ヘルニアのイラスト

※ 椎間板ヘルニアイラスト ※

2 ヘルニアの原因について

ヘルニアになってしまう原因は完全には明らかになっていませんが、原因やリスク要因はある程度明らかになっています。

これより、どういったことが原因やリスクを高めることになる可能性を述べていきます。

【日常生活の動作】

ヘルニアは日常のちょっとした動作の積み重ねが原因となることも多いです。

代表的なものとしては、中腰になって重いものを持ち上げたり長時間のデスクワークや運転など。

同じ姿勢でいることになります。

これらの動作は背骨に負荷がかる動作になるので、ヘルニアになりやすくなります。

【姿勢の悪さ】

姿勢の悪さは圧倒的に良くありません。

日常的な姿勢の悪さによって、ヘルニアが完成されると言っても過言ではありません。

【椎間板の衰退】

椎間板はクッションの役割をしている部分になるのですが、この椎間板が衰えるのもヘルニアの原因の一つです。

成人を過ぎたあたりから弾力性が徐々に失われていくと言われていますが、弾力性が減っていくことによってクッションの役割ができずに飛び出しやすくなってしまうのです。

【骨の衰退】

骨粗しょう症など骨の老化などによって骨が変形したりしてしまうことがあります。

骨がスカスカの状態になってしまうと、ちょっとした衝撃が加わるだけで骨が欠けてしまったり、椎間板を押しつぶしたり傷つけてしまったりする可能性が高くなるのです。

3 ヘルニアの症状について

ヘルニアはどのような症状があるのか、話していきたいと思います。

3-1【痛み】

腰や足に痛みなどを感じます。

足は、両方であったり、片方であったり、部分的な箇所だけであったりします。

これは、呼び名として、坐骨神経痛などとも呼ばれる事もあります。

足の痛みや腰痛、臀部から足にかけてなど症状の出方は様々です。

片側のみに出る事が多いですが、症状が両側に出ることもあります。

3-2【しびれ】

しびれもヘルニアの代表的な症状で、神経が圧迫される影響で神経症状が生じます。

3-3【筋力低下】

麻痺によって膝や足に力が入らなくなる筋力低下なども生じることがあります。

スリッパなどつっかけて履く履物が上手く履けなくなったり、足を引きずって歩くようになるなどの症状です。

3-4【感覚異常やしびれ】

ヘルニアになると冷感を感じたり、感覚が鈍ることがあります。

重度の場合、足などに触っても感覚が鈍く触られている感じがあまりしないということもあります。

4 保存療法と観血療法ってなに?

ヘルニアの治し方には大きく分けて保存療法(ほぞんりょうほう)と観血療法(かんけつりょうほう)という。

保存療法は人体を傷付けず、出血させること無く治療する方法の総称です。

観血的療法は出血させて治療する方法の総称です。

このどちらの方法を選択するかは、ヘルニアの状態や症状の状態、医師の判断などによって異なってきます。

4-1 保存療法ってなに?

保存療法は、整形外科疾患においては人体に傷をつけずに治療する方法で最も基本的な治療方法となります。

ヘルニアにおいては、排尿や排便などの障害が生じていたり、痛みが強すぎる場合、高度神経麻痺などが起きていない限り、まずは保存療法からスタートするのが一般的です。

何故かというと、排泄障害が生じてしまっている場合は、生命の危険に大きく関わってくるからです。

ですので、【排泄障害がある事が手術をしても良い】という事が、一つの目安になるでしょう。

保存療法といっても様々です。

急性期における保存療法は、消炎・鎮痛剤や筋弛緩剤などの内服薬による治療。

コルセットや腰痛ベルトなどの装具療法。

理学療法といった、運動療法が中心になってきます。

内服薬による除痛が上手くいかない場合や、痛みが強い場合にはブロック注射を行うこともあります。

ブロック注射とは、神経伝導路に局所麻酔を行うことで痛みの伝達をブロックし血流の改善と筋肉の弛緩を促すというものです。

痛みを止めるという意味合いが強いですが、どこの部分に異常が起きているのかを特定する意味でも使用されることがあります。

ブロック注射は目的に応じて、大きく分けて硬膜外ブロック・神経根ブロックの2種類から選択し行うものです。

急性期が過ぎた場合には、温熱療法で患部を温めたり、低周波など電気刺激を与える方法や、ストレッチなどの運動療法を積極的に行っていきます。

4-2 観血的療法ってなに?

ヘルニアは多くの場合、保存療法で消失するか、改善させることが可能になります。

しかし、重症なケースなどではそうならないことも少なくありません。

そういった場合に観血的療法が行われます。

ヘルニアにおける観血的療法は、重症なケースだけではなく、社会復帰を早期に希望する場合などにも行われることがある手術です。

ヘルニアの手術は非常に数が多く、代表的なものとしてLOVE法(ラブ法)というものがあります。

全身麻酔をして背中の臀部の上あたりを切開しヘルニア症状の原因となっている椎間板を摘出するという方法です。

出血も少なく、安全かつ確実な方法となっています。

保険適用もされるので最も一般的な手術となっています。

同様のものをMED法という内視鏡を使用する方法で行うこともあります。

傷口が小さく負担が少ないので入院期間も短く保険も適用される方法です。

保険適用外の手術としてはレーザーを使用したPLDD法があります。

局所麻酔で針を刺して椎間板に向けレーザーを照射し、ヘルニアを引っ込めさせるという方法になります。

手術時間も短く負担は少ないですが、ヘルニアの種類によっては効果が得られないケースもある方法です。

理学療法士 平林
※手術については、最後の最後の最後の手段と考えておきましょう。 

5 病院での治療について紹介する

病院で行われる治療法の2種類です。

5-1【運動療法】

運動療法は痛みやしびれの改善を目指し、かつ、予防についても意識していきます。

直接的なヘルニアの治療方法としては、マッケンジー法というものがあります。

圧倒的に効果の高い治療法になります。

また、【日常的に良い姿勢を意識する!】という事も意識していただきます。

姿勢の意識は重要なポイントになります。

5-2【物理療法】

ヘルニアで行われる物理療法は、専用器具を用いた索引療法が代表的です。

引っ張ることで椎間板にかかる圧力を低下させ関節の動きがスムーズになります。

電流を流し筋肉を刺激する電気療法や、患部を温めるなどもよく行われる方法です。

6 自宅でできる椎間板ヘルニアの治療法

ヘルニアは自宅でも改善や予防が可能ですが、注意が必要な面もあります。

【極度に痛みがある事はしない】

運動療法は自宅でも可能ですが、無理をしてしまうと悪化させる恐れもあるので痛みがあることは避けましょう。

【極端に腰に負担がかかりそうな動作は抑える】

ヘルニアの症状が出ている時や落ち着いた直後はなるべく腰に負担をかけないようにします。

具体的には、重たいものは持たないようにしたりゴルフなどの回転運動に注意です。

【痛みの初期はコルセットを一時的に使用する】

痛みが出た初期の急性期はコルセットを使用して安定させてあげることが大切です。

【我慢できない場合は、一時的に湿布や薬も使用する事を考える】

痛みが強く出ている場合には湿布や鎮痛薬の使用も検討しましょう。

急性期は痛みを抑えることが最も重要になります。

7 まとめ

理学療法士 平林

いかがでしたでしょうか?

今回は、一般的にヘルニアについて述べてみました。

ヘルニアは神経が圧迫されてしまうことで痛みやしびれなどの症状が出てしまいます。

悪化してしまうと排尿障害など重篤な症状を引き起こす原因にもなりかねません。

治療としては、基本的に保存療法で症状の緩和をまず、目指しましょう。

そして、再発予防のために、運藤や生活習慣の再認識が必要になります。

【如何に良い姿勢を意識することができるのか?】

【継続的に腰や足のストレッチなどの運動を継続できるのか?】

という上記2つのポイントがヘルニアの改善の為に大切です。

ヘルニアが疑われる場合には自己判断をせずに、気になったら病院にでも受診してみましょう。

しかし、あなた自身でヘルニアの痛みは予防も対処もできるようにはなれます。

諦めずに正しい知識を身に着ける努力をしていきましょう。

The following two tabs change content below.
mamotte
mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク



椎間板ヘルニアの治療と症状の知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mamotte

mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。