坐骨神経痛の原因を理学療法士が紹介する!<治すための思考もアリ>

坐骨神経痛の原因と治療

スポンサードリンク



理学療法士 イワモト
こんにちは。

mamotteライターで理学療法士のイワモトです。

今回は【坐骨神経痛の原因】をテーマに記事にしました。

坐骨神経痛の原因はなにか?

そして、どのような思考で良くなるのか?

坐骨神経痛はよく聞くけど、何が原因でどうしたらよくなるのか?

といった疑問に対して、答えられるような記事にしました。

この記事を読んで得られる事

この記事を読めば

◎ 坐骨神経痛の原因を理解できて、治す為に必要な思考についても知れる。そして、実際に坐骨神経痛を治すために近づける

といった点があります。

最後まで読んでほしいなと思います。

では、よろしくお願いいたします。


理学療法士 平林

※この記事はリハビリテーションの専門家で、理学療法士である運営者平林と、理学療法士イワモトの考えや意見をまとめて紹介しています。

なので、共感できる部分は共感して、納得できる内容は納得していただけると幸いです。

執筆者・運営者は、理学療法士(PT)や作業療法士(OT)の国家資格を取得しており、実際に病院やクリニック、介護施設など様々な場所で現場で学んできています。

ですので、記事内で紹介している内容は、リハビリテーションの視点を持った国家資格者の視点からみた意見と臨床での事実を述べています。

それを踏まえて、記事の内容は自信を持って提供しています。

しかし、【内容が絶対正しい!】とは思わないでください。

というのも、世の中には、沢山の治療方法や治療の考え方があって。

  • どれが正しくて、どれが間違っているのか?
  • どれが自分に適している治療なのか?

個人的な意見も沢山あり、個人の解釈や価値観、考え方によって大きく違ってきます。

ですので、『絶対にコレが正しい治療方法だ!!』みたいな考え方はできなくて。

間違いなく言える事は、どんな治療においても、【実際に試してみないとわからないよ】。という事です。

【100%これが正しい】という治療方法は存在しません。

ですので、ここで紹介している内容も一人の理学療法士の意見である事を踏まえていただきたいと思います。

そして、この記事があなたの役に立てばうれしく思います。

mamotteライターの紹介


1 坐骨神経痛を治す為に必要な事を考えた。

坐骨神経痛の治し方

早速ですが、坐骨神経痛を治す為に必要な事を考えてみました。

まず、根本的な治療法は、坐骨神経への圧迫を取り除くことです。

確実に神経への圧迫を取り除くためには、手術を受けるしかない。という意見もありますが、実際には症状が軽い場合や進行していない場合は症状が酷くても手術をしないで治る可能性があります。

なので、手術をしないで済むのであれば、まずは、手術をしない方法で治療をする方がいいのではないでしょうか。

手術は苦痛やリスクを伴うため、現実的には、手術をするのは最終手段がいいと思のです。

治療法は症状によって違ってくるため、一概に『コレが良い』というのは断定できません。

坐骨神経痛になってしまっている原因もそれぞれ違ってくるので。

  • 椎間板ヘルニアに近い症状なのか?
  • 脊柱管狭窄症い近い症状なのか?
  • 腰椎すべり症に近い状態なのか?

といったように、治療方法も若干変わってきます。

ですので、坐骨神経痛でも、どのような診断・症状に近いのか?を知る必要があります。

症状や診断がある程度わかれば、その症状の治療方法に従って治療を進めるのが良いと言えます。

  • 脊柱管狭窄症のように、間欠性跛行のような症状があれば、脊柱管狭窄症に似た治療を行う
  • 腰が純粋に痛いだけであれば、良い姿勢を意識して、腰への負担を減らす努力をする。

など。

このように、症状や状態によって、治療方法を変えていく。

といった感じで、坐骨神経痛を治す為に必要な考えは、【現在の症状を知る】そして、症状によって治療法を選択していく事だと思います。

2 坐骨神経痛を予防する!「対策を紹介」

坐骨神経痛の対策

次に、坐骨神経痛の対策について話します。

結論としては、【日常的に腰に負担がかかりすぎないように配慮することです】

  • 良い姿勢を心がける
  • 長時間同じ姿勢にならないようにする(途中で体操するなど)
  • 必要に応じてコルセット、クッションなどを利用する
  • 日常動作の仕方に注意する(腰への負担を最小にする)
  • 体幹筋、下肢の筋力が弱くならないように維持する
  • 柔軟性を保つためのストレッチをする
  • 運動不足の方は適度な運動を行う(ウォーキング程度)
  • 肥満にならないようにする
  • 症状が出たら医師の診断を受けて適切な治療を開始する
  • 医師の指示に従い腰痛体操などを試してみる

そのほかにもありますが、早期から対策できると良いでしょう。

理学療法士 イワモト

※ 理学療法士イワモトの考え ※

坐骨神経痛は文字通り痛みの症状なのですが、同じように坐骨神経の障害であっても痛みを感じない場合もあります。

しびれや感覚障害(感覚が鈍くなる)、筋力低下が主な症状となることもあります。

痛みがないから坐骨神経は大丈夫と思わないような注意が必要です。

日ごろから感覚に左右差がないか両足を触ってみたり、つま先の上がり方が左右同じか確認してみたりして異常の早期発見に努めましょう。

短時間で診断をこなす必要のある医師にとって情報はとても重要です。

痛みの出る場所、感覚の鈍い場所、筋力が弱い場所、いつから、どんな時に症状が出るかなど。

情報をまとめて正確に医師に伝えることは、早く、正確な診断へ結びつきます。

実際に私が経験したことなのですが、医師に症状を正確に伝えなかったことが原因で、坐骨神経障害を見逃された例がありました。

このようなことが起こらないように、情報はしっかりと伝えましょう。

こんな情報が役に立つの?ということが診断の糸口になる場合もあります。

なので、躊躇せずに思ったことは伝える方がいいと思います

3 坐骨神経痛の原因は複数の要素が影響している。

坐骨神経痛の原因ってなに?

坐骨神経痛は、坐骨神経という神経(神経の束)が圧迫されることが原因で起こります。

この神経を圧迫する原因には様々なものがあって。

例えば、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などはその代表的な原因疾患です。

坐骨神経に触れてしまったり、なにか影響が生じて、坐骨神経由来で下肢や腰に痛み、違和感、感覚の低下など。

を感じたりした場合にも、坐骨神経痛という解釈ができるでしょう。

坐骨神経痛の原因は人それぞれ違います。

一つだけの原因ではなく、複数の要素が影響している事が多いとは思います。

4 坐骨神経痛は症状の総称!状態の事を言う。

坐骨神経痛は症状名

「坐骨神経痛」は病名ではありません。

症状を表す言葉です。

腰痛、頭痛、腹痛なども同様に症状名であり、診断名としては使用されません。

カルテに診断名を記入する場所がありますが、通常ここに○○痛という症状名は入りません。

ただし、現実には原因が確定できない場合は便宜上症状名が書かれていることもあります。

坐骨神経痛の原因を短時間で特定することは困難な場合もあり、このような表現を使わざるを得ない場合もあるでしょう。

参考までに、○○疑いという診断名も正式なものではありません。

診断名が確定できないときに便宜上使用される表現です。

なぜ坐骨神経痛と言うのか?

坐骨神経痛の名の由来は、坐骨神経に何らかの障害(圧迫など)があって、坐骨神経領域(坐骨神経が支配する皮膚など)に痛みが走る(放散痛)ことからこのように呼ばれます。

坐骨神経の束の中の感覚神経(痛覚)に刺激が加わると、刺激は脳へ伝わり痛みとして感じます。

神経自体が痛むのではありません。

痛みを痛みとして感じるのは脳です。

坐骨神経痛の坐骨神経って何?どこにあるの?

脊柱(背骨)の中に脊髄(神経の束)が通っていることはご存知だと思いますが、脊髄から枝分かれした神経は脊柱を構成する椎骨の間から出て、末梢神経として人体の各部位へ伸びていっています。

脊椎イラスト

脊椎 イメージイラスト

股関節の深層筋

股関節の深層筋イラスト・後ろから見た図

腰椎の下部(L4,L5)~仙骨の上部(S1~S3)から出てきた神経が束となったもの。

これが坐骨神経です。

坐骨神経は梨状筋(りじょうきん)の前を通り骨盤から出ると、太ももの裏側を通って枝分かれしながら足の方へ進んでいきます(坐骨神経という名称から、途中枝分かれした各神経の名称へ変わっていきます)。

5 坐骨神経痛になりやすい人の特徴について

坐骨神経痛の特徴

坐骨神経痛になりやすい人の特徴がいくつかありますのでご紹介します。

この特徴に当てはまっていても発症しない場合があることは勿論ですが、たくさん当てはまる人は注意しましょう。

  • 姿勢が悪い(背中が丸くなっているなど)
  • 長時間腰かけることが多い(デスクワーク、長距離運転)
  • 中腰での作業が多い
  • 重いものを持ち上げる(運ぶ)ことが多い
  • 親、兄弟に坐骨神経痛(腰椎椎間板ヘルニアなど)の人がいる
  • 腰に違和感があったり痛みを感じたりすることがある
  • 激しいスポーツをしている、またはしていた
  • 腰椎分離症など、腰部疾患の診断を受けたことがある

参考までに、性格の面では、

  • 強引なタイプ
  • せっかちなタイプ
  • 他人に仕事を頼めないタイプ

上記の人は、人に頼らず、自分で無理してでもやってしまうことが多いので、腰を痛めやすいです。

不利な性格となります(筆者自身)。

以上、主な特徴をあげてみました。

若い方で発症する場合、腰への大きなストレス(重いものを扱う、介護業務など)が原因となることが多いです。

また、残念ながら遺伝的な影響も少なからずあります。

椎間板に障害が出やすい遺伝子を持っている場合、発症しやすくなります。

6 まとめ:坐骨神経痛の症状を確認して、対策や治療にとりくもう。

今回は坐骨神経痛の原因と対策についてお伝えしました。

坐骨神経痛は痛みだけでなく、進行すると下肢の麻痺やそれに伴う歩行障害、また膀胱直腸障害など、重度の症状を起こすことがあります。

日ごろから、対策をして予防をしておきましょう。

腰に痛みなどを感じている方は、坐骨神経痛の予備軍である可能性があります。

しびれや感覚の鈍いところはないか、つま先の上がり方が悪くなっていないか(筋力低下、麻痺)など注意しておいてください。

もし神経の症状が出たときは、早めに医師の診察を受けていただき、早めの対策をしていただけたらと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様のご健康をお祈りいたします。

執筆者:mamotteライター 理学療法士 イワモト

追記・編集:mamotte運営管理者 理学療法士 平林


理学療法士 平林

※ 編集を終えて:最後に ※

坐骨神経痛と診断されると不安になってしまいますよね。

しびれや痛みで思うようにいかない事など沢山あるでしょう。

でも、坐骨神経痛を治す事はできます。

何故、坐骨神経痛になってしまったのか?

という原因を突き止める必要があるでしょう。

また、本当に坐骨神経痛なのか?と疑わなくてはいけません。

坐骨神経痛と医者から言われても、

【坐骨神経痛と違った症状が体に表れている】

という方も少なくありません。

なので、坐骨神経痛と診断されても、ある意味一つの参考程度にするのがいいでしょう。

そして、

【今、感じている症状を治す為にはどうすればいいのか?】

ということだけを考えて、治療に臨むのがいいと思います。

診断名に惑わされてしまうと、その診断が違っていた場合に、治療も間違ってしまう。

といったリスクが伴います。

なので、信じる部分は、自分の症状に素直になる事だと思うのです。

  • 坐骨神経痛だから、この治療
  • 椎間板ヘルニアだから、この治療
  • 脊柱管狭窄症だから、この治療

などと、型にはめた思考で治療を行わない事がなによりも大切だと思うわけです。

是非、参考にしてほしいなと思います。

運営管理者 理学療法士 平林

The following two tabs change content below.
mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク



坐骨神経痛の原因と治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。